2010年08月14日

終戦の詔

8月15日は終戦記念日である。

この日、大日本帝国はポツダム宣言を受諾して
終戦の詔を発布した。


平成22年終戦記念日をむかえるにあたり、記す。


戦争は行ってはならない



日本は戦後、不戦を貫いてきた。
憲法に誓いをたて、いかなる戦争も行っていない
しかし同時に軍隊を創設し、軍隊を派遣し、軍隊を
行動させ、米国軍と協力している。
もちろん戦争しないための軍隊であると認識している
し、必要な部分もあると思っている。
だが、この状況下で日本が再び戦争行為に走ることの
可能性を否定することができるだろうか?

その可能性を拭うことのできる唯一の方法は国民一人
一人が戦争の恐怖を忘れないことだ
戦争を体験した国民はいづれいなくなる。
時がたてば痛みを忘れて行くのが人間だ。
その時に、もしかしたら戦争行為への言い訳を口にする
人間がいるかもしれない。
しかし、戦争行為には国を守る力はないどころか
国民を犠牲にすることしかできない。
戦争以外で紛争を解決することが国の、国民の義務だ
不戦を貫いて、未来にその意思を伝えていくことも
われわれの義務である。


どんなに戦争をわすれてもこの日だけは思い出そう
戦争はおこなってはならない
posted by 空条錠太郎 at 23:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

FMとかAMって何?

FM放送というラジオの種類があることは
皆さんご存じのことと思いますが、FMが
いったいなんのことか?わからないかたも
いらっしゃるのではないかと思う。
FM放送の仲間にAM放送というのがあって
なんか放送の種類というか、内容がちょっと
違うよなというくらい・・・・

FMとかAMというのは「変調」というもの
の違いを表わしています。
変調とは放送を電波に乗せて飛ばす時の
方式の違いです。AMは電波の大きさレベルを
大きくしたり小さくしたりして放送の内容を
運びます。
それに対して、FMは電波の周期(周波数)
を変化させて放送の内容を運びます。

ラジオ放送の内容は「音」です、音には高さ
と音の大きさという要素があります。
この音の高さは周波数、つまり音が空間を伝わる
周期の幅が長いか短いかで決まります。
音の大きさは音の波の振幅、つまりどのくらいの
大きさで空間を移動するかということで決まります。

この2つの音の要素を電波に乗せます。
FMは電波の周期を変化させるので、音の「大きさ」
「周期」によって電波の周期(周波数)が変化します。
電波の周期(周波数が)大きく変化すればするほど
大きな音が運ばれます、そしてちょっと表現が
難しいんですけど、その変化が速く変化するほど
高い音が運ばれます。
ちなみに電波の周期の変化の大きさは(変化の範囲)
は上限が決まっていて、FM放送の場合は75kHz
と規定されています。
つまり周波数は中心から上下に75kHz広がるのが
最大の変化ということなので、FM放送の1チャンネル
で使用する周波数の範囲は約150kHzとなります
(実際は(75kHz+変調周波数)×2)


これがFM放送の原理です。
受信機ではこの電波を復調(運ばれる為の変化を再現
して「音」に戻す)作業されて聞こえてきます。

更にステレオ放送では右と左の音の信号をいくつかの
信号に分けて送ります。

その辺はまたそのうち
posted by 空条錠太郎 at 01:28| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

ウオーズマンVSバイクマン

上海万博2010に行くの巻


・1日目
PM2時ころ上海着

寺に移動
詳細は覚えていないが、メインは貴重な
石でできた仏像。写真不可

ホテルチェックイン PM5時ころ
一応4☆らしい
しかし、中国らしく細かいところが微妙
部屋の間接照明器具1個壊れている

夕食 四川料理 からい
スープ以外はそれなり

その後 上海雑技団鑑賞
これが一番面白かった!!
はっきりって馬鹿にしていたけど
すごいクオリティ
ラストのバイク5台が球体の中を・・・


・2日目
AM7時半ホテルから万博へ
朝一で並ばないと悲惨らしい
入口のセキュリティーくぐるまで1時間
でもあまい、水分はNGと聞いていたが
何人か水PET持ち込み成功

そのまま中国館へ
SA3A0295.JPG

すごい人・・・
これでも予約しているらしいが、ほとんど
関係なさそう
SA3A0293.JPG

中国館は、はっきりってひどい
何がいいたいのか全然わからない
とりあえず、色々光っていた
あれは並んで観るもんじゃない

そのあと日本館
すごい人(3時間待ちらしい)
ピンクのブルマの家っぽいのがそれ
SA3A0300.JPG



しかし、中国はすごい
日本でやってもあんなに人来ないよな〜
11あるバス駐車場がいっぱいになる
食堂はどこもいっぱい(結局吉野家)


PM4時万博をあとにして屋敷観光
みんなへろへろのなかきっちり1時間くらい
かけてじっくりみた
ノド限界


夕食 上海料理
微妙
一通り微妙 辛くはない

その後(いい加減限界)夜景を見た
SA3A0308.JPG
とがってるビルは森ビルらしい

SA3A0303.JPG
よえん とかいう上海料理食べたところ
一番中国っぽかった


・3日目
お茶教室で一通り学んだあと
地下でお茶販売攻撃
(台湾行った時と同じ)

リニアモーターカーで空港まで数分
(時速430Kmくらいだったらしい、立ってたけど
 カーブで減速しないから遠心力で飛んできそうになった)


帰宅



中国は以前行った台湾とかなり似てる(当然だが)
交通事情、運転マナー、国民性
でも排気ガスは気にならなかった、しかも原付より
電動バイクがいっぱい走っていた


まあ、すぐ追い抜かれるね日本は
posted by 空条錠太郎 at 23:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

わが師の恩

一年ぶりくらいかな・・・・?

書くネタはあっても書く気にならない
そんな状況が続いていたけど・・・
書きたいことができた


俺の卒業した学校の創立記念の式典が
あって、自分たちが卒業時に埋めたタイム
カプセルが掘り出されるって言うんで
顔を出してきた。
時間に間に合わなくて、タイムカプセルの
中身はもらえなかったけど、久し振り
中学校卒業以来に当時のクラスメイトに
会えた。

帰宅して、小学校の卒業文集を見てみたら
側から卒業記念文集がでてきた。
この文集は当時のクラスメイトの有志が
その時々の作文をまとめて卒業後に制作して
くれていたもので、わざわざ自宅まで届けて
くれたことを思い出した。
読んでみると、それはつい昨日のことのようで
20年近くも前のこととは思えない。中学
にもなればひねくれていて、みんな俺も馬鹿な
ことを書いている。
でもそこには確かに中学生の俺が、その時が
刻み込まれている。
中学までの時代に特に大きな思い出もなかった
が、でもそれを読むとその日、俺が何を思った
か、俺が観た景色が目の前に蘇ってくるようだ
そんな不思議を感じた・・・

その文集の最後に当時の担任の女性の先生が書いた
後書きがあった。
そこにはこうある


早い人で・月・日から新しい道に進んで行く
○の△のみなさんへ
絶対くじけずに新しい生活でがんばってください
くじけそうになったり、捨てばちになりかけた時は
新しい環境に入ったその時の気持ちを思い出して
ください
”初心、忘るべからず”



俺には恩師はいないと思っていたし、この先生が
俺のことを覚えているかはわからない
でも
俺にとって、この人は先生だったんだと思った


この文集はわら半紙で出来ていて、ぼろぼろに
なってきているけど、この先も大切にしたいと
そう思った。
posted by 空条錠太郎 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

あけましておめでとう御座候

本年もよろしくお願いいたします


1日がすぎると、あっというまに
年末です

すでに憂鬱です



今年の目標(マニフェスト)
・消防設備士(乙4類)取得(受験2回目)
・2級電気工事施工管理技士(たぶん無理)
・運転免許更新(優良)
・旅行4回
・怪我しない(昨年末から右手親指付近痛い)
・遅刻しない(2分前集合)


皆様、本年もよろしくお願いします
posted by 空条錠太郎 at 13:53| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

寝台車乗車

去る11月
生まれて初めて「寝台車」に乗車してみた

その体験はなかなか貴重であった
一度は乗ってみるものだとおもった
つたない文章であるが、体験を記す

SA3A0040.JPG

・乗車列車名
 サンライズ出雲

・乗車区間
 東京〜出雲市

・乗車室
 A寝台 シングルデラックス

・乗車時間
 22時東京〜9時58分ころ出雲市


サンライズ出雲は東京発の出雲市及び瀬戸
行きの寝台車で、ほとんどが個室であるが
一部ノビノビ座席という雑魚寝に近いリー
ズナブル席もある
私の乗車したシングルデラックスは4部屋
しかないシングルの最上級部屋である。

部屋はビジネスホテルのシングルよりちょっと
狭いくらいで、広めのベットと、デスク及び
洗面台が完備され、衛星放送及びFMが受信できる
端末が配置されている。
SA3A0082.JPG

SA3A0077.JPG

サンライズは北斗星やカシオペアのような
広々とした個室のコンセプトではないため
部屋は最上級でもそんなに広くないが、室内は
落ち着いた木目調で統一され、個人的にはかなり
気に入った。
各部屋は当然、施錠可能であり、退出時に暗証番号
を設定しロックするキーロック方式になっている

シャワールームが数部屋設置されているが、シングル
デラックス以外の場合は、車掌からシャワーカードを
購入して使用する。
シングルデラックスはあらかじめシャワーカードが
部屋に用意されている。
又シングルデラックス専用のシャワー室があるため
(つまり4人で使用できる)混まないで使用が可能

シングルデラックスの部屋にはアメニティがあり
一通りの、それ以上のグッズが備えられており当然
持ち帰ることができる

サンライズは食堂車がない、そのため食事は事前に
購入して乗らないと、基本的に食事抜きになってしまう
ので気をつけなければならない

夕食を購入し、部屋で取った後買い込んだ本を読んで
深夜2時くらいに眠りに就いた、ハッキリ言って熟睡
は無理だったが、寝れないことはない。
朝6時ころ起きてしまったが、朝日が昇るところを
みながらぼーっとしていた。
ベットの脇は大きな窓になっていて、景色はかなりの
パノラマで迫ってくる。
SA3A0081.JPG

夜11時ころから翌朝6時過ぎまで車掌のアナウンスは
無い、皆さんお休みなので、緊急時以外はアナウンス
しないということだ
朝アナウンスが再開されると、到着駅の観光スポット
などを車掌が紹介してくれる。



料金は片道3万くらいで乗車券+特急券+寝台(シングル
デラックス)乗れたと思う
予約は窓口しかないが、結構倍率が高いらしい
1か月前の発売日の1週間前にVIEWカード専用予約
電話があり、私はそこで予約した

少々値が張るが、体験してみて損はないと思う
二人の場合はサンライズツインというグレードの高い
部屋もある



SA3A0060.JPG
posted by 空条錠太郎 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

僕が生きた証を残そう、そしてそれを夢と名付けよう

お久しぶりね、あなたに会うなんて・・・


つ〜こって、おひさ



実は半年ほどMIT大学院で博士号を取って
いたので、なかなかJAPANにリターンで
きなくてさ、更新が滞っていました。



うそ


めんどくさい



広告計算されていたほうが、アクセス多いんじゃ
ないかって感じですが、あまりにも『いきものがかり』
の新しいアルバムがいいので、書きます!!


「1曲目」
曲名見るの面倒くさいから曲順。

いいうただす
一番好きっす
このトリオはこういう詩が結構多いのですが
こういう詩がいいのです
こういう詩が書けるのは若いうちだけ
ですが、まさにこういう詩を書いている
この人たち、歌いきるこのきよえはすごい


「たしか4曲目」

いいうただす
二番目に好きっす
三番目の前に好きっす
一番好きな歌の次に好きっす



といううた



「ほたるがどうこう」という曲名に近い歌

いいうただすう
何番目かはいいません
だいたいさ、何番目なんてね
失礼にもほどがあるよ!?

まったく!!


内容は、ほたるがどうとかこうとか・・





失礼しました
本当に好きなんですよ
ファンの方怒らないでください

彼らの曲、きよえさんの歌声は
心を洗い流すような、おおきな
流れのように感じます。

涙が停まりません
posted by 空条錠太郎 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

そもそも、国政とは国民の信託によるものであって、その権利は国民がこれを有し、その権力は国会の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する

まだまだ。


第171通常国会の会期延長期間中7月21日に
衆議院が解散された。
久しぶりの衆議院解散であり、任期満了まであと
少しであった。


衆議院が解散されると憲法の規定により解散の日
より40日以内に総選挙を行い、選挙の実施日から
30日以内に国会の特別会を召集しなければならない
となっている。

今回の総選挙に関しては政権選択選挙であるとの
プロパガンダ的宣伝が声高らかにあらゆる政党の
代表者から聞かれるが、政権選択なんてはっきり
言って私的にはどうでもいい。
どの党が政権をとっても政治を行うのは官僚であり
政治家などというものを生業にしている人種に国政
を預かる能力も資格もない。
政治家の資格とは何だろうか?
専門的知識?カリスマ的な発言による人気取り?
官僚をコントロールしているつもりになる能力?
どれもくだらない。
はっきりいて政治家なんていなくたって問題ない。
政権を一度ある党に渡せということらしいが、ある党
どころか政治家の制度自体一回やめてもたぶんしばらくは
問題ないでしょう。

じゃあ、政治家の存在意義ってなに?
ただ単に利権や個人の地位と名誉と損得のためだけに
あるなんてことはないだろうか?
今は残念ながらそうなりかけている。
前にもこのブログで書いたが、政治家の国会議員の、いや
地方議員もそうだ、「民選」の高級官吏(議員や首長)の
存在意義は、官僚という本来の国政の実権を握る権力者
の暴走に歯止めをかけることに他ならない。
それを忘れたらいけない
しばらくは官僚だけでも国政はコントロールできるかも
しれない。
しかし、国政、つまり立法権を国民の代表者が決定する
という今のシステムを放棄したら、それは行政権と立法
権という2権力をあたえることになり、歯止めがかけられ
なくなる。
このことに国民が疎くなっていることに正直あきれて
しまう。
政治家のつまり、国会の役割は行政権を事実上掌握している
官僚の暴走をとめることなのである。
そのためには国会議員一人ひとりの能力などハッキリ言って
どうでもいい。
必要なのは紛糾する国会、つまり議席数の均衡する2大政党
がしのぎをけずり、争い法案が通りずらい、そんな状況
それのみである。
議会が紛糾すれば色々議論され、官僚の作る法案も色々
気を使わなければならなくなる。議員は国民の目を気遣い
簡単に法案を成立させなくなる。
法案はどんどん精査され、国民の声も結果的に届きやすくなる

つまり国会は常に議席数の均衡した国民の目を気にする
緊張状態にある状態が理想。そして理想の国家議員とは
独断専行で優れた能力のあるカリスマではなく、国民の
目を気にしているそんな気弱な人間であることが条件だ。
そんななかで官僚の力はいいところだけが引き出され
行き過ぎたものは政治家のご機嫌取り能力で結果的に
排除される。それがちょっと言いすぎかもしれないが
私の考えるいい国家機関像である。

だからこの政党はこんなマニュフェストだとか、そんな
ことはどうでもいい、どの党が第1党になってもいい
ただし、その議席数は第2党と均衡した、いつどうなるか
わからないそんな状態であることがいい。
国会議員も極端な馬鹿か利口なカリスマでなければ
誰でもいい。


と言っても、あの党が勝つんだろうね。
あ〜あ〜、セメテ大量議席獲得はやめてほしい


官僚は必要です。官僚は国会議員と違って
優秀な人間であるできたら国家国民に忠実な人間である
ことがキボンヌ
posted by 空条錠太郎 at 22:40| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久々の次は1日2投稿

です。


昨日8月20日は川嶋あいさんのコンサート
ツアーに行ってきました。
ここ数年毎年恒例になっています。

今年は6月に続いて2回目になります
20日は彼女のお母さんの命日です。
この日に旧渋谷公会堂でコンサートを
することが彼女の毎年の恒例行事です。

ことしは新しいアルバムの曲を多く取り入れた
コンサートになっていて、新しいアルバムの曲
は好きな曲が多いので、2回とも楽しめました。


毎回言いますが、彼女の声は澄んでいて
いい声です。いきもののきよえとはまた違った
いい声をしています。
彼女が長く、いい歌を歌い続けられるように
願っています。
posted by 空条錠太郎 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

厳しい人よ他人より自分に、優しい人よ自分より他人に

ひさびさです

特段書くことないけど、好きなドラマを
ひとつ


救命病棟24時シリーズです

今夏、第4シリーズがはじまりました
主人公の進藤一生は救命医療のプロで
どんな場面でもあきらめない無敵の医者です
第2シリーズの後海外で国境なき医師団の
医師として世界を駆け巡り、第3シリーズで
大震災に見舞われた東京の救命で一時的に
小島と再会し震災後の東京でバックアップとして
貢献した後、また海外に赴任しました。
今シリーズでは、アフリカから帰国後に赴任した
病院で医師全員が辞職した救命センターに
救命医療を取り戻すべく尽力します

小島楓は進藤に師事する医者で、シリーズを
重ねるごとに成長していきます。
今シリーズでは医療訴訟をおこされており
救急医療の医者側の犠牲者の一人としてその
さらなる成長ぶりが描かれます。

新キャラはユースけサンタマリアが演じる
救命センター医局長沢井です。
日本の救命医療を案じ、医師が自分の犠牲のもとで
成り立っている日本の救命に改革の波を起こそうと
進藤とは違ったアプローチをする医師です。
進藤とは患者の受け入れ制限に関して対立している

まぁ、主要キャラは以上ですか


第3シリーズは首都に大地震が来たというテーマ
今シリーズは救急医療が崩壊しているという現在の
日本の医療現場を描いています。

このシリーズの好きなところは進藤のヒーロー性
とそれを取り巻く医師、看護師、患者の人間ドラマ
です。進藤はスーパードクターですが技術や判断力
のみではありません。
患者の心も彼の医療の対象になっていることです
ただ初期治療をおこなうだけが救急医療じゃない
第2シリーズではそれが如実に描かれています
色々な運命を背負った患者が来て、その大部分が
命にかかわる救命センターで患者の心も診る彼の
姿勢、決して諦めない信念にはただの医療ドラマとは
一線を画するものとおもいます。


第3シリーズで震災に見舞われた救命センターで
疲弊し、投げやりになり、目の前の命から目を背ける
医師たちに彼は言います、毅然として。
少しのぶれもなく、まっすぐに。
「まだ震災を言い訳にするんですか。患者の前で」


ドラマの主人公にありがちなヒーロー性を前面に
出しているといことに否定はできませんが
とにかく救急医療に一生懸命であるという彼の姿勢が
現在の日本の医療現場に一石を投じることに間違いは
ないと思います。
又、今シリーズの医局長は確かに現在進藤と違った
考えを持っており、患者の受け入れ制限を行うこと
が現在の救命医療の崩壊を防ぐ策であるという点で
対立していますが、彼もまた救急医療の現状未来に
真剣に思いを馳せる等いう点では進藤と一致している
部分があると思われ、今後の展開に期待が持てます。
posted by 空条錠太郎 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。