2013年02月11日

無線局の検査制度

無線局の検査制度については、過去何度か書いたことが
あったと思う。
無線局の検査には「落成検査」「変更検査」「定期検査」
「臨時検査」の4種類があって、このうち「臨時検査」を
除いた3種類の検査に「登録検査等事業者制度」が利用可能
になっている。

一昔前まではこの制度は「登録点検事業者制度」と呼ばれて
広く利用されていた。
平成22年に電波法体系が放送法と同時に大きく改変されて
それにともなって、無線局の検査制度にも変更が加えられた。
その一部が「登録検査事業者制度」である。
従来の点検事業者制度では、民間の登録された事業者が無線局の
「点検」を行うことができる、とされていた。
この「点検」とは無論、無線局の点検を行える、ということで
あるが、あくまでおこなえるのは「点検」であって、それは
忠実に無線局の状態を点検して、無線局の免許人に通知する
というものであった。言い換えれば、点検事業者には判断する権限は
無いということであり、あくまで判断は点検結果を免許人より
受領した「国家(総務大臣等)」が行うという点は、点検事業者
制度発足前の官憲による検査制度と変わりはなかった。
(点検は民間、判断(判定)は国家という役割分担ともとれる)

しかし、検査事業者は題目通り「検査」を行うことができる。
この場合、検査とは「点検」と「判定」という二つの区分に分ける
ことができる。
「点検」とは従来通り無線局の状態を確認する作業であり
「判定」とはその結果を法令に照らして、合致しているか否かを判断する
作業である。
つまり、従来官憲が行っていた、判断作業も民間事業者が行うことが
できるというものである。

検査事業者に登録されるには点検事業者に登録されるよりもレベルの
高い基準が求められる。
その意味は、検査まで行わせるにはより強い社会的責任と、知識技術能力が
担保されなければならないという現れである。
第一に、登録時に役員の経歴や、組織の謄記に係る書類の提出が義務づけられる
そして判定を行うことができる「判定員」の要件には、点検を行う資格者である
「点検員」よりも厳しい資格が求められるのである。
そして、検査事業者には登録の期限が設けられていて、その期限は政令で
「5年」とされている。この期限到来時までに「更新」を行わなければ、登録は
失効する。

さて、前述の検査であるが、どんな無線局にもどんな検査種別にも行う
ことができるのかというと、そうではない。
検査可能なのは「人の生命又は身体の安全の確保のためその適正な運用の
確保が必要な無線局以外の無線局」であって、なお且つ「定期検査」に
限って検査を行うことができる。
この「人の生命又は身体の安全の確保のためその適正な運用の確保が必要な
無線局」とは「基幹放送局」「航空機局」等々、従来から重要とされてきた
無線局である。※登録検査等事業者等規則15条に列記
これらの無線局には検査を行うことはできず、従来通り点検を事業者がおこない
国家が判断するという手順を踏むことになる。
検査の方法も規定されている。点検結果を法令に照らしてそれが法令に適合
しない場合「否」と判定し、工事設計が法令に適合しない場合「不適合」と
判定するということが、判定の方法である。
つまり、判定とは机上で行うことをさしており、もちろん判定員は法令の規定
(無線従事者の資格要件や、備え付けるべき書類(省略が可能な条件に関して
 も)、無線設備の特性に関する許容範囲等々に関して熟知する必要がある。
後述の検査結果通知書には「検査年月日」の記載欄があるがこの日付は「判定を
行った日」を記載することになっている。
尚、判定員は点検員を兼ねることが可能である。(上位資格)

「検査」をおこなった検査事業者は「検査結果証明書」を免許人に発行する。
この証明書を受領した免許人は総務省に対して「無線設備等の検査実施報告書」
を提出する。この書類の内容に「否」が1項目もなく、尚且つ工事設計が合致
している、ことが確認されると、免許人に対し「無線局検査省略通知書」が発行され
定期検査が省略される。※電波法施行規則39条2項


このように、無線局の検査制度は民間事業者への「委託」から権限の移行まで
行われており、当然それにともなって、民間事業者の社会的責任も大きなものに
なってきている。点検のみに関しても同じことが言えるが、この制度の根幹に
あるのは民間事業者のモラル、コンプライアンス意識であって、これを踏み
にじれば、一昔前取り沙汰された「確認申請制度」の二の舞を招きかねないことは
プロである事業者、判定員、点検員一人一人が強く意識すべきである。
また、行政は事業者に対しての監視や、啓蒙を怠ってはならないのであって
「民間にお任せ」という安易な考えは危険であり、積極的に「現場」を理解する
ことが重要になってくることは、自明であると言える。
posted by 空条錠太郎 at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

天智天皇

なかのおおえの皇子


こんばんわ。


寒くなりましたね、本当に寒くなりましたふ。


今日は、すごいニュースが飛び込んできました
もちろん皆さんご存じのとおり
開戦

じゃなくて

解散してもいいけどさ〜〜♪♪〜〜どうしよっかな〜


次は誰だ?

まさか、おまえ、死んだはずじゃ・・・!!??
そうか、わんたーれんが作った新薬だったのか。
なら、おなか痛いのぐらい、なんとか。
posted by 空条錠太郎 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

電波伝搬

たまに電波に関する記事を書くけど、別に学者でも
先生でもないので、あんまり偉そうに書けないので
すが、一応専門家ではあるのと、書くと自分でも色々
考えたり頭を整理できるので、そういう意味でも自分
の思考の為に書いているといっても過言でないのです。


ということで、フレンネルゾーンについて。
電波伝搬理論の重要事項で、回線設計(電波をどういう風に
飛ばして、どういう風に受けるとるか?)に必須の理論です。

では、このゾーンは、どんなゾーンかと言いますと。
ある送信点Aから受信点Bに対して電波が送られると
します。

A――――――――――→B

この時、AとBを結ぶ線が一番基本的な「直接波」と呼ばれる
電波の通り道に当たります。
このほかにも「反射波」という電波の通り道もありますが
今回はその話ではないので、いずれそのうち。

この直接波というのは送受信点を直線で結んだ線上をビーム
のように(レーザーのように)飛んで行く、というように
想像されがちですが、それは間違いで(間違いではないか)
ある空間の中を、ゆらゆらと飛んで行く。というほうが正確
なのです。
その空間をフレンネルゾーンといいます。

フレンネルゾーンはAとBの間の直線で結んだ線を中心として
それをとりまくような「円錐形」をとります。
ABそれぞれの点を頂点にして、直線の中心で幅が最大に
なります。
※文字で書きずらい。
円錐ですので、中心線からの半径がその空間の幅を決定します。
さらに、円錐形ですので地点によって半径は変化します。

この空間全体を電波が占有しながら飛んで行くのだから
この空間の一部にでも障害物があれば、影響を受けて減衰する
ということです。
この影響の度合いは、以下の4つに分類できます
@直線上より下である空間内
A直線上
B直線上より上である空間内
C直線上より上であり、空間を全て占有(以上)
@⇒Cの順に減衰は大きくなります。

このフレネルゾーンの幅(半径)はAB点からの距離により変化
して円錐形をとることは書きましたが、そもそもそれを決定
するのは「AB地点間距離と波長」です。
特に波長はその大きな要素であり、電波の回折という話にも繋がる
重要な要素なのです。
波長が長くなれば(周波数が低くなれば)なるほど、半径は
大きくなります。つまり波長が長いということは、電波の空間占有率は
大きくなり、@の分類で、低い山や建物もその伝搬に影響をおよぼす
可能性が高くなる、ということになります。
しかし、逆にいえばABに対するゾーン半径も大きくなるので
直線上もしくはそれ以上に障害物があっても、比較的小さな減衰で
受信点に電波が届くということです。
見通せない場所にも電波がまわりこむ、これが電波の回折です。
携帯電話で話題になっている「プラチナバンド」がつながりやすい
のは周波数が比較的低いことにより、電波が回り込みやすい、という
ことが要因の一つなのです。

マイクロ周波数を使用する固定間通信などは、周波数が高いため
フレネル半径が小さく、回り込みはほとんどありません。
直線上から少しでも障害物がはみ出ると、大きな減衰になるため、設計を
行う場合は、フレネル半径をみこんだクリアランスの確保が必要です。
ただ、半径が小さいので障害物に対するクリアランス確保は比較的
容易と言えます。そういう理由から、固定通信にはマイクロ波(周波数
が高い)が使用されるともいえます。


以上が、電波伝搬理論の基礎。フレネルゾーンと電波の回折でした。
つかれた
posted by 空条錠太郎 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

旅行(フルテンション気味で書くの巻)

のことを書くよん。


いや〜、いけませんね。DVDのこと程度で
感情的になるなんて。
まったく、子供。



いや〜、仕事は忙しいけど旅行に行くのが俺の
使命。エルドランから子供のころ言われたんだよ
地球を・・・じゃなくて、旅行を頼むって。
だからいかなきゃ、絶対無敵だし、行かなきゃ。


一日目 裏磐梯へ
裏磐梯にでる。
1日目は観光のつもり無し。どうせ一人だし観光しても
わー、おっきい沼!!あれ、泳ごうと思えば泳げるかな?
いや〜無理だろ〜、そうだよね〜、ぬるぬるしそうだよね?

とかいう、やり取りはないんですよ。さみしい。。。

とか言ってたら、成立しないので、無視。
あ〜、あの人いい年して一人旅してる〜なんか怖い〜
トカ絶対言われているけど無視。
そう無視。

いや、すみません。間違えました。


一日目は温泉でゆっくりしようということで、裏バンダイの
ションペンに宿泊。
一泊二日で1まん弱。
ションペンはあんまり停まったことなかったけど、いい感じ
でしたよ。子ども連れや、カップルがひしめいてましたけどね。
いーんですよ、おれはどーせ。

じゃなくて。


食事はフレンチ(フランス料理風、外国っぽいとフレンチと
書いてしまいますが、イタリアンとかだったらすみません)
でボリューム味とも俺は10点中8点かな、あの金額では10点
かもしれません。十分です。
温泉も露天が2つあって、貸切になるように配慮してあるので
ゆっくりできますよ、一人でもね。あ〜一人で露天温泉なんて
おまえ頭大丈夫か?DVDのこと言えるのかおまえは、ぷーぷー
言ってろや※前回の記事読んでね。

朝飯もフレンチ?かな、キッシュってフレンチ?でもソーセージが
でてきたからドイッチュ?いやジャムが出てきてパンに塗ったら
何料理???
何料理かなんてどうでもいいや。知るか。うまかった。それでいい。


二日目
毎回二日目は何をするか考えていかないことにしている。
めんどくさいんではない。俺の人生に計画なんてない、やりたいように
やるだけだ。それでしょぼくても後悔はない!!

遊歩道を歩きました。
湖の湖畔の遊歩道を2つ、合計9キロメートル。2時間ぐらい。
車で行ったので、本来は同じ道を歩いて帰る必要があるが、今回は
バスをうまく使って帰り、もしくは出発点に車を置いておく。
という方法をペンションの女将さん(女将さんかぁ、うーん。なんていうの?
うーん・・・マダム? いや!!それはなんかいや!!)
オシエテモラタアルヨ。ソノトオリヤタダケネ。ナメンナ。


そして帰りはゴールドライン経由喜多方経由で愛車の性能を限界
まで引き出しました。
うーん、2ndってどのくらいまで回していいのかな?
回転計無いから勘なんだけど。2ndで頑張らないと登りはきつい。



でも、気がつかなかったんですけど
このコース順番はバラバラだし、温泉は違うけど。多分数年前に
友人とバイクで来ているわ・・・・
でも、車で来ると違う。
あと、バイクだと遊歩道とか疲れきって歩く気しないしね。

デジャブってすごいなあと感じたのでした。
(写真撮ったけど、めんどくさい。たいした写真じゃない。
 もしかしたらペンションの食事とかは隣の親子ずれが取りまくり
 だったから、運が良ければブロガーだったら、書いてくれるかもね)
posted by 空条錠太郎 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅行

のことを書こうと思ったけど、まずうちのDVDレコーダ
さんについて。

なんか、ディスクの読み込みにものすごく厳しい。
何度も何度も「ぷーぷー、ぷーぷー」って読み込んでる感
だしまくりで、俺に「おい、このディスクは俺様が読むほど
のもんなのか?」っていちゃもんつけてきやがる。

PCで再生するときは一発で読み込むので、絶対このクソ
DVDレコーダのせいだが、なんでこんなに厳しいの?
つーか、一番ハラ立つのは「ぷーぷー」いって読み込んでる
感だしているときに画面下部にダイアログで「ディスク
読み込み中」とか、でかでかと長々と出すんじゃねーよ!!
テレビ見えねーじゃねーか!!いーよ伝えなくて。
音で主張しているでしょ?!「ぷーぷー」っていう、本来
読み込みと関係ない音わざわざ出しているでしょ。

さらに、しばらく頑張ってる感だしたのち「ディスクを
読み込めませんでした」とか言って吐き出しやがって。
その間も、ダイアログは出っぱなし。だから、見えねーんだよ。
テレビがよ。テロップ読めねーんだよ ったくよ。
つーか、吐き出しているんだから、読めなかったんだろーよ。
読めるのに吐き出すバージョンもあるのか?


俺は、読み込むまで絶対に許さない。
4回でも10回でもまた、入れる。そうすると必ず何回目かに
読めるんだよ!!!!
何もしなくても、何回か読み込ませると、何事もなく読める
回があるんだよ?、何なのこれ?
ファミ○ンカセットかてめーわ!!


※汚い言葉で失礼いたしました。
 次回は旅行について書いちゃうよん
posted by 空条錠太郎 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

コンデンサおそるるに足らず

コンデンサ大したことないね。
昔のことは忘れて心機一転勉強すると
違いますね。

1月4日 3日目
・コンデンサの計算
ポイントは
1、電源が接続されている場合
Cを変化させてもそのコンデンサの電圧は変化せず
Q電荷が変化する。

2、電源が接続されていない場合
Cを変化させるとコンデンサの電圧が変化し、Qは
変化しない。

この2点に電荷保存則、電圧分圧の法則(キルヒホッフ
の法則)を使用すれば、問題なく解を得られます。

今は法則、定理の勉強中なので今後これらを暗記しつつ
問題をいっぱい解いていくことにより慣れていく必要が
ありそうです。

次回は直流回路計算ですが、この分野は今までも勉強
したことがあり、さらっとながす程度になりそうです。
posted by 空条錠太郎 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンデンサが混んでんさ

なめんな。


どとうの2回目

1月3日 2日目

・コンデンサの作るエネルギー
コンデンサは苦手です。
電気回路は得意科目でして、いろいろな難しい計算も
大学でよくやっていましたが、コンデンサは受験の時
から苦手です。
交流回路になるとただのインピーダンスですから
別に問題ないんですが、直流時はなにしろインピーダ
ンスが∞になるし、そうすると回路計算がめんどくさい
しかも電池が接続されていない場合の計算もやだ。

まあ、そうもいっていられないので・・・

コンデンサは電気を貯めます。
そして、その結果コンデンサはエネルギーを蓄えます。
W=QV/2 (J)
1Cの電荷のするエネルギーを電圧と定義しているので
Q(C)の電荷がするエネルギーはQVです。
その1/2がコンデンサが蓄えるエネルギーです。
かかる電圧が大きいほど、静電容量が大きいほど当然
蓄えるエネルギーは大きくなります。



いやなのはこの次の「コンデンサに電源を接続したばあい
接続しない場合の計算」です。
直流回路計算、交流回路計算は勉強するまでもないので
ここが終れば、磁気と計測と電子回路やって、理論は終わり。
posted by 空条錠太郎 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

一年の計は元旦とか言ってると、すぐ年末

あけましておめでとうございます。

もうそろそろ休みも終わりです。
憂鬱です。
すでに。
明日は登校日だし・・・。
やだなあ。



元旦ブログがこれじゃね。


今年の目標は、というかこれから数年の目標
として一応電気系の資格を一つとろうかと。
なんか、周りが勝ち組か負け組に分かれていて
俺も負け組なので、少しは頑張ろうと思います。
何の資格を取るかは言いません。とれたらいいます
一応ブログのなかで、どんな勉強をしているかを
記録するので、わかるかもね。

わかるか・・・。

1月1日 1日目
・クーロン力とか電界とか
基礎ですが、忘れてます。
カンを取り戻すのに時間かかりそうです。

・コンデンサ
コンデンサに蓄えられる電荷と電圧の関係に関して
また、直列、並列に接続された場合の静電容量の計算
とか。


高校〜大学と散々やった計算なのに、もう忘れてます。
これからカンを取り戻さないと。
過去数回この手の企画が発生し、自然に無かったことに
なっていますが今回も自然消滅するかもしれんので、
その場合は飽きたか、忙しいんだなって思ってね。
posted by 空条錠太郎 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

今日は一日、消防設備士の勉強

先週は3泊で群馬に山登りで、最近辛い肩、首凝りがさらに
辛くなっているのです。
パソコンとか首に負担がかかると、辛い
仕事のストレスが一番の原因だと思いますけど
仕事なんかするモンじゃないね

高級マッサージチェアでも欲しいよ、置くところ無いけどね。

それはそれとして

今日は休みなので、ごろごろ、ぐうたらしていましたが
しかし、2日間もだらだらしているのも、もったいないので
消防設備士の勉強をしました
昼飯食って始めて、今さっきまでやっていました
途中風呂入りましたが、結構がんばりました。
今日は法規の勉強で、自動通報設備の設置に関しての
条件とか勉強しました。

ちなみに参考書は「消防設備士試験4類予想問題徹底マスタ」
電気書院 2600円+税
です。

この参考書は「問題」+「解説」になっています
参考書というより問題集です。
参考書で1から勉強しても追いつかないので
問題をみて解説をプラスして要点だけ勉強する方法を
取っています。



タッチタイピングもつらいなぁ
明日から事務所でパソコンと向き合うけど
がんばってサボろ・・・
posted by 空条錠太郎 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

消防設備士試験

電気通信主任技術者の試験勉強に行き詰った私は
逃避行動に出るべく、新たな資格の取得に目を向けた。

消防設備士(乙4類)
が、それである。

消防設備士は消防用設備の工事、整備、点検ができる
国家資格で、その種別は
甲種=工事、整備、点検
乙種=整備、点検

各1〜7類(甲種は1〜5類及び特類)
に分かれている。
4類は火災報知器が範囲で
そのため、乙4類は火災報知器の整備、点検ができる。

消防用設備は日本中の色々な施設にある。
法律で義務付けられれば、設備士に点検を行って報告しなければ
ならない。
今後、一般住宅にも火災報知器の類が設置義務付けられるので
いっそう需要の上がる資格といえる。

私の仕事には直接直結しないが、デジタル放送設備には
幾箇所に火災報知器が設置されているので、年2回
業者が点検している。
もちろん業者は有資格者であるので、業者に任していれば
問題ないのだが、自分も持っていたほうが話がわかりやすい。
(業者からの報告をまとめて客先に提出するのは自分たちなので
責任は在る)

試験は9月
今から勉強して間に合うか、微妙だが少なくても
電気通信主任技術者よりかは、数倍簡単だし範囲も狭いので
アレよりかは望みあるのではと思っています。

二兎追うものは・・・にならないよう、気をつけます。
posted by 空条錠太郎 at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

捕らぬ狸の皮算用

永らくご無沙汰な資格シリーズですが、年度末を乗り越えたら体調悪くて
やる気しません。
でも、何とか休日くらいは、勉強してます。
参考書がもう少し軽ければ、出張先にでも持っていってもやらないか。

まぁ

いいけど、申請しました。
この試験の受験料は18700円します、高いです。
明らかに高いです、しかも、私は一陸技の免許があるから、
二科目しか受験しないのだから、安くしてほしい。
まぁ、会社に申請して受験するから受験料は会社に出していただけます。

ありがとうございます。

一応、一回で二科目受かるつもりです。厳しいかな

合格すると会社から15万円支給されます、バイクでも新しくするかね。
posted by 空条錠太郎 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

電気通信主任技術者(2)

待ってました。
資格の巻、第2弾です。

もう次は無いかと自分で心配しましたが、何とか書いてみます。

しかし、資格のブログって思ったほど書くこと無い。
勉強はそれなりにしてますが、じゃあ勉強した内容を
ここで書いたって、しょうがないし。

今回は来年度の電気通信主任技術者の試験日程を
おさらいしてみよ。

試験は平成19年7月8日

一日です。
受験科目は「法規」「伝送交換設備及び設備管理」
の2科目です。

合格すれば9月頃には発表になり、免許申請をして
資格者証が送られてくるという寸法。
電気工事士なんかと違って、1年に数回試験があるから
助かる、次は1年後は厳しいからね。いろいろ。


伝送交換設備は全く素人だけど、電源やデジタル伝送
無線なんかがちょくちょく出てくるので、結構勉強しやすい。
法規は相変わらず暗記だけど、憶えるのがめんどくさくて
なんにしろ、1回で受かりたいから何とか勉強しなきゃ・・・
posted by 空条錠太郎 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

電気通信主任技術者(1)

今までこのブログには日記のカテゴリしかありませんでした。
しかし、この年末に来ててこ入れをしたいと考え「資格」
というカテゴリを作りました。
このカテゴリには資格の取得奮闘記や資格情報を載せて行きたいと
思いました。

記念すべき第1回は電気通信主任技術者試験の受験日記です。

この資格は電話の交換機を扱える「伝送交換主任技術者」と
電話の線路管理工事を扱える「線路主任技術者」に別れます。
私は第一級陸上無線技術士の免許を持っているので
伝送交換の免許試験に2科目も免除があります。(残り2科目)

2科目の内訳は「伝送交換設備及び設備管理」と「法規」です。

次の試験は来年の7月です、これまでに2科目を完全に勉強して
1回で完全合格を目指します。
今考えている勉強方法はとにかく過去問をやり続ける
なぜならこの試験の過去問出題率は結構高いのです。
仕事柄平日に家で勉強は難しいのですができるだけ毎日、30分
でもいいので勉強したいです。
勉強は継続できるかが重要です、毎日勉強していれば少々疲れて
いてもやらないと気になってしまう感じになればいい感じです。

なんだかんだと来年まで勉強と電気通信主任技術者タイトルでの
ブログを書いていきます。こっちの投稿のほうが日記より増えれば
いいですが・・・・。
ちなみに、それ以外の資格に関する情報なんかも載せて行きたいと
考えています。欲しい資格はいっぱいありますが、増えるのは
資格の参考書ばかりで、実際持っているのは無線の資格と
第二種電気工事士だけです。
この資格を取ったら、他にも第3種電気主任技術者や消防設備士
なんかも欲しいですね。

今日はとりあえず設備管理の勉強と法規を同じくらいやりました

設備管理は交換設備の実際について勉強します。
結構知らないことが多いですが、無線と有線はつながりも
無いことも無いので、なんとか行けそうです。
法規はただ書いて憶えるだけです。元々法律は好きなので
何とかなりそうです。

明日から出張だから、ホテルで勉強しようか迷ってます
なぜなら、問題集が大きくて重いから・・・・
持って行くのは厳しい。
でも2晩ももったいないなぁ・・・・・
posted by 空条錠太郎 at 19:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。