2007年12月26日

言葉にできない

小田和正が、クリスマスに一夜のライブ。

最高です


こういう番組があるなら、テレビの仕事もやってるかいあるなあ


まだまだかなあ
posted by 空条錠太郎 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

具体的な解決策が出せないのが恥ずかしいが

憲法は講学のためにあるのではない。
国民の権利、義務を守るためだけにある。

日本が戦争に負けて、国民が貧しかった時に
GHQの作った日本国憲法はすばらしいものだった。
日本人はアメリカの作った憲法を侮蔑しているようだが
今であってもアメリカの作ったこの憲法を越える憲法が
作れるとは思えないし、それ以下になることは目に見えている。

憲法を作るのに必要なのは国民の権利義務をどうやったら
最大限守れるかということを考えるべきで、やれ軍隊だの
国の尊厳だの、天皇制がどうのと対面ばかりを気にして
内容が国民から離れていっているのは目に見えている。
国民の生存権は無条件でこれを認めるのが憲法の基本で
それは健康で、文化的なものでなければならない。
この国の生活保護は、居住地が明確な人間で、ある程度
ちゃんとした手続きをとらなければ認めてもらえず
さらには国民健康保険も保険料が払えないと利用することが
できない。
国民健康保険は国民の健康な生活に不可欠であることは
明白である、それを自分の収入の中から保険料を支払わなければ
適用されないというのは、収入によって生存権を区別されている
ということに他ならない。
この国の社会保障制度が官僚の食い物にされていることが
一番の無駄であることはわかりきっている。
年金も、国民保険もこの無駄を排除すれば、もう少しの増税で
その財源を確保できるのではないのか?

この国は見た目繁栄しているように見える
だから戦後のこの憲法の生存権が古臭く見えて、収入がある人間は
気にもならないのかもしれない。
しかし、生存権が軽視されるような国は、発展途上国と揶揄されて
しかるべきで、生存権が軽視されて先進国などと名乗ることは
一部の高所得者層が利潤を追求し潤っても国は疲弊しているどこかの
国のようなものであって、恥ずかしいものであることは我々も
よくわかっているのに、自分のことは見ることができない。


憲法の条文は戒めである。

第25条
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

2項
国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び
公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

努めてますか?
posted by 空条錠太郎 at 01:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

希望の数だけ失望は増える、それでも明日に胸は震える

あれから10年

なんか、すごく不思議。
先のことなんて、本当にわからない。
10年も生きて仕事して、あの頃には考えられない自分がいる。

この先には何があるだろうか?


とりあえずクビにならないように気をつけよ
posted by 空条錠太郎 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

ねがちぃぶブログの決定版!!

お疲れ様です

いつもお世話になっております。



仕事のメールは必ずこの前置文を書かなきゃいけないので
めんどくさい。
いらいらする。
署名みたいに、強制的に入れる機能があるのか。


しかし、かくことねえ


三連休も寒いし、外でたくない。



春までねてすごそ。


posted by 空条錠太郎 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

たまに書くならこんなこと

別に何も無いです

仕事の愚痴ならありますけど

聴きたくもないですよね



機動戦士ガンダムZZについて


宇宙世紀も二桁に突入しようとして(して)多くのスペースノイドが
宇宙で生まれ、そして死んでいった時代。

エウーゴがアクシズとの抗争(第1次ネオジオン抗争)を深めていった
そんな時代。


この作品は歴代ガンダムの中でもあまりいい評判の聞かない時代
内容が幼稚(ロボットに少年が乗り、悪を討つ)といった理由や
ガンダムのデザイン自体の悪評もよく聴く。
前シリーズ(Z)の評判に比べて、その続編としてほぼ直ぐ放送
開始となった、このシリーズがこれほどに評判に差があるのは
主人公のそのキャラクターにガンダムシリーズの歴代主人公とは
違った匂いが明らかに感じられるからに他ならないと、私は考える。

主人公、ジュドー・アーシタは貧乏で親のいない孤児で。妹のリーナ
と二人暮し。子供(14歳だっけか)なのに学校には行かず
仕事(ジャンク屋まがいの仕事)で生計を立て、妹を学校(山の手)
に行かせて、妹にはいい思いをさせてあげたいというのが彼の
生きがい。
しかし、かれらの住むコロニー(シャングリラ)も戦争に巻き込まれる

だけど、ジュドーには関係ない。
彼は妹をいい学校に行かせることしか頭にない。
彼には戦争の大儀も、思想もない。
ただ、生きるために仕方なくエウーゴに協力する。
(彼は歴代の主人公の中でもっとも徴兵を拒んだ人間だと思う)
何しろ、彼は10数話にわたって、アーガマに乗ることを嫌がり
その時々にしかたなく協力しただけ。

こんな思想を持たない、子供な主人公に共感できるマニアは
いないだろう。

しかし、こんな主人公が俺は一番好きだ。
彼はどんな時も強い。
明るいだけなそんな人間ではない、誰よりも戦争を嫌がった
妹おもいな彼は、戦争に巻き込まれてその妹を失っても(実際は
生きている)彼はそれまでと変わらず、一人明るく戦った
復讐ではなく、カミーユに言われた一言に彼の心は動いた。
戦争に対する怒りと、悲しみが彼を動かした、表面上はジャンク屋の
明るい子供でも、最後はただ自分の信じる道を生きる人間に
成長した。


うじうじと暗く、いつも悩んでいる主人公を好きになれない。
色々な正確の主人公がいるだろうから、否定はしないが
そんな主人公が自分の危うい正義感で周りを巻き込んでいくのが
Zまでの(ZZ以外の、と言ってもいい)奴のいやな話の作り方
なんだと、思ってなんとも言えない気持ちになるのです。

話の内容には自身ありません、記憶のみです。
posted by 空条錠太郎 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

今のうちだけじゃない?自分の居場所が見つかっちゃえば、誰もこんな地の果てに来たかないって

おっス、おらゴクウ。

うそ。


しかし
いいことないねぇ。

書くこともない。
仕事のことならいくらでも書けるけど。
疲れるからやめた。



まぁ、そういうことだよ。

posted by 空条錠太郎 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

さらばだガッチャマン

カッツェです

ベルクです


幹部はみんな最後改心してボスにやられる

かわいそうに

まぁ、ボスもやられるから安心して先に行ってて

しかし、あんなに見てたのに全然覚えてない、なんで? ワタルとか
posted by 空条錠太郎 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

書くこと無いけど、書きたいっ!!

ので、前回に引き続き、いろんな仕事があるんだよ。
ということを知るのもたまにはいいことだよ企画。

無線局の検査については過去ログにいくつか書いた。
でも、測定器を使って検査するだけじゃ無線局の検査は
済まされない。
書類の検査をしなければいけない。

書類?

無線局には電波法の決まりで、時計及び業務書類等を
備え付けなればいけない。
その書類が法令どおり備え付けられているか確認する。

・時計
時計か・・・・・
一応、正確な時計ってなってるけどさ、細かい規定はない。

腕時計を見せられたこともあったが・・・。

時計は特例で免除されることがほとんどだから
あんまり確認することはない。

・免許状
無線局の免許状。
最新のもの(変更とか、再免許で何回も変わる)
一応、見やすいところに掲げておくことが義務付けられているけど
ほとんどしまわれているね。

・法令集
電気通信振興会ってところが2分冊でだしている
これが最新のものになっているか確認。

・免許申請書
免許を申請した時の申請書が一部返却されるのでこれを備え付ける。

・無線検査簿
無線の検査を実施すると、国から合格若しくは不合格の通知が
くる。これの最新版を保存する。
合格でも改善事項が付記されることもあり、この場合は速やかに
対応策を届け出なければならない。

・無線業務日誌
これが一番確認にてまどる
無線局の業務について、毎日日誌をつけることが義務付けられていて
これを確認する。
又、本無線局に選任されている従事者が実際に従事しているか
記載を確認する。
(業務日誌は2年間の保存義務がある、そのため2年分確認する)


・無線従事者選任届け
この書類は備え付け義務書類ではないが、この無線局に選任され
ている従事者の員数確認に必要。


無線局の種類によっては他にも備え付け義務書類はあるけど
大体こんなもの。
備え付け書類は無線局ではなく、従事者の常駐するところ
つまり事務所に置いてよい事になっており、大体事務所(本社)
に確認に行く。
持ってきてくれるひともいるけど、書類の量も半端ないので
たいへんだ。

書類検査は色々理由があって、他の事業者に委託(正確には
違うのだが)しているので、たまにしかやらない。
今年は某FM局と某テレビ局の2局を検査した。
posted by 空条錠太郎 at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

何で私を選んだの・・・・?

沢尻エリカがバッシングされている。

どんなに人気の女優でも彼女はまだわかい。
いろいろ大変なこともいっぱいあるだろうし
機嫌の悪い時だってある。
本人もプロにあるまじき行為って言っていたから
反省しているみたいだけど

俺には10代、20代前半の子がちょっと舞台で
愛想が悪かったって、そんなに目くじら立てて
ゴットねえちゃんだかなんだか知らないけど、ご意見番
面して偉そうに若い人間を批判するような
嘆かわしいというか、さみしいというか

日本の社会は、特に若い人間がちょと態度がわるいと
「調子に乗っている」とか「生意気とか」
そんな難癖つけてるとしか思えない器量の小さい悪口で
権力を持った人が「言うことを聞く人間」を作ろうと
する。

俺は、彼女は女優として優れていればいいと、極端だが
俺はそう思う、スクリーンの中でしっかり仕事していれば
私生活がどうだろうが、舞台挨拶やバラエティーが
面白くなかろうがどうでもいい。
彼女の評価は、彼女のアイソや礼儀に与えられるものではない
彼女の類まれな演技に与えられるもの。
彼女の私生活の態度なんて、彼女の周りの人間が
彼女と話をすればいいだけ。
それをちょっと態度が悪いだけで、すぐ「人間失格」
みたいに騒ぎ立て、自分を省みないエライサンや和田アキコ
あたりが、ここぞとばかりに釘を打とうとする。


クローズドノートは久々に面白そうな映画

こんなことは気にせず
彼女にはもっともっといろんな役を演じてもらいたい。
posted by 空条錠太郎 at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

私はキムキが好きです

映画ヒーローを観てきた。

内容は書きませんが、面白かったです。珍しく邦画で二時間超えの力作で
出演者は相変わらず皆さんいい味だしてました。
でも綾瀬遥にもうちょい活躍してもらいたかった


昔ほとんど、まったくといってもいいほどドラマを見なかった。なぜなら日本のドラマの底の浅さが嫌だったから
恋愛ばかりに固執して、内容など何もないドラマが嫌いだった。

そんな時再放送で見たヒーローに私は動かされました、そこで見たキムタクは破天荒だけど熱心で面白くて、しかも当時悪者として描かれることが多い検事を通販好きの正義の見方にするなんて、斬新だった。それまでの、ただ、誰が好きとか嫌いとか、そればかりが繰り返されていたドラマとは全く違っていました。

それからドラマも面白いかもって思い直して、空から降る1憶の星から月9を見始めました。

そんな記念のドラマがヒーローです、劇場だけじゃなく連続でも復活してほしいなあ。


話しは違うけど
恋のチカラをレンタルでみた。
見てなかったのでずっとみたかったのだが、なかなか観る機会なく、やっとみれた。

深津絵里すき。
でも内容は恋愛のみ


深津絵里だからいいや
posted by 空条錠太郎 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

30にして立つ

私はまだ20代ですけど、もうちょっとで30歳です。

周りは結婚とか、仕事とかみんな自分の人生を生きてる
よな・・・そんなことを思うことがあります。
いい意味だけではないです、私の周りには病気と戦って
いる人もいて、人生も30年に近づけばいろいろあるん
だよなって思うんです。


自分は20代前半で国家資格に合格して、今の仕事に就けたし
一応テレビの電波を無事に送ることができる喜びややりがい
も得ることができているから俺だって自分の人生に不満ばかり
というわけではないけど・・・
でも、もし30歳まで生きれたらもうちょっと違う自分を
見つけることもできるんじゃないかって思うことがあるのです。
これまで以上にいろいろなものに目を向けて、仕事以外にも
遊びにも、恋愛にも今とは違ったアプローチができるような
そんな自分に期待してもいいんでは?とちょっと思えるのです。


こんなとりとめもないことを思うのも、前述した友人らの
刺激というか影響のおかげです。
一人では何も考えません、動けません。たかが知れています。
逆に俺も誰かに刺激を与えられていたら面白いなって思います。
posted by 空条錠太郎 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

みんながんばれ

昔、子供のころは、有名人はミンナ大人だった

最近は同い年の女優やアイドルなんかが、がんばってる。同い年とは思えないほどシッカリしている。

やっぱり同い年の人は特別な思い入れがある、同じ年に生まれたなんて
偶然だけのつながりが、まるで家族のような気持ちになるのはなぜ?


明日は書類の確認と作成でいっぱいの仕事、最近は書類の確認まで仕事が回ってきてかなわない。
posted by 空条錠太郎 at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

信じられないほど風が強い

家が飛びそう


スゲー風


でも・・・
そんなの・・・

おっと
危ない危ない、危うく
posted by 空条錠太郎 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

16歳くらいから数年間は、いろんなものを凄い勢いで吸収してたと思う

見てるドラマも佳境。

・ファーストキス
井上真央は顔が濃いですね。
個人的にそう思うだけで、いいとか、悪いとかないです。
あいかわらず、いもうとは人気の設定ですか・・
心臓外科医の女優(名前が出てこない)は救急病棟24時の
設定そのままの心臓外科医で進藤先生が出てきてくれたら
個人的に最高に嬉しいけど、ありえませんか。

・ホタルノヒカリ
綾瀬はるかは顔がうすいですね、バブル的に表現すると
醤油顔ですか・・・、すいません。

休日は彼女以下の生活態度ナ私ですので、偉そうなことはいえ
ません、ビールは飲みませんがね。
国中涼子さんが好きなんですけどね、武田真治は鹿児島の言葉?
で凄い違和感があるのにもういっぽですね。


なんか最近あんまりドラマも面白くないな・・・もともとドラマ
好きじゃないけど、ここ数年は見ていたんだけどさ
結局アニメや漫画を原作にしているんだよね・・・
それなのにアニメや漫画はドラマより地位が明らかに低いよね
昔からこのブログでも書いているけど、俺には実際の人間が演じて
いるというだけで、漫画やアニメよりもドラマの地位が高く
ゴールデンタイムはみんなドラマが占めているのが納得いかないのよ
原作のアニメが深夜で同じ内容のドラマがなんでゴールデンなのか?
というより、最近のドラマは原作がほとんど漫画で、作っていて
面白いのかね?原作は1年も2年も続いている面白いものもドラマに
するとたった10話程度で終わっちゃうから、面白くないこと・・

原作からしっかりドラマ用に作ったものの方が絶対面白いと
思いますけど。


でも最近、漫画もアニメも見ないんだよね。
こっちも最近のは・・・あんまりみたいと思わない。
なんか無理に肩に力の入りすぎたものが多いか、それこそ意味無く
目がでかいやつらが出てくるものしかないような気がする。
深夜すぎて見れないというのもあるけど。

最後に見たのはギャラリーフェイクかな・・あれは面白かった
漫画も面白かった。

漫画もエンジェルハートとよつばととおいしんぼとこち亀くらい
しか見てない。
漫画も古本屋にいた頃は見放題で面白いと買ったりとか色々できたけど
一番あったときで、600冊は漫画持ってたけど今は100あるくらい



posted by 空条錠太郎 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

離島ブーム

最近は離島ブームらしい

沖縄の離島には私も行ってみたい

しかし、東京の離島はどうか?
なんか蚊帳の外のような?
近くて気軽に行けるリゾートなんでは?

私はよく仕事で、八丈島、新島、大島、たまに御蔵島に行く。
特に最近大島にはよく行く。
1年に2,3回は行っている。
仕事なので、観光はあまりできないが
今回ちょっと時間ができたので、レンタルバイクを借りて
大島一周をしてみた。

大島はその名のとおり、東京の離島の中では大きい。
一番かもしれない。
1周するのに1時間はかかった。
大島の一番の町は「元町」という空港からも港からも
近い町で、銀行や温泉や色々な施設がある。
そこから出発して10分も走れば、緑いっぱいのいい空気の
場所を走れる、車もほとんど来ないので原付でもゆっくり
ゆったり走れて、リフレッシュにはもってこいだと思う。
PAP_0069.JPG

借りたバイク2時間2000円
PAP_0070.JPG


でも観光地としては、何も無いのよ
せいぜい三原山の噴火口くらい?
あとは、釣りと泳ぎくらい・・・・。



ちなみに仕事場
PAP_0060.JPG

蚊が多いんだ、これが
posted by 空条錠太郎 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

バカ、ばっか

閣僚不祥事の代表は失言で、生む機械とかしょうがないとか
いろいろ。
どいつもこいつも何であんなにバカみたいに喋っちゃうのか?
大臣の職責は非常に大きい。その地位は天皇の認証をうける
くらい。行政府の中心機構内閣の構成員であり、その構成員は
たった最大17人+総理大臣のみである。
大臣は自分の所轄にのみ権限が及ぶものと知られていることも
あると思うが、各大臣は国家全般について閣議の議題を発議
できるし、他の大臣の所轄事項にも口出しできる。
そんな重要な国家の中心人物が、パフォーマンスかなんか知らんが
有頂天になり、いいたいこと言ったり、頭に血が上って余計なこと
言ったりするのは、本当に日本の政治家は質が低い。
私的な発言だって、いつ何時すっぱ抜かれるかわからない

芸能人だってもうちょっと慎重に発言する、テレビの毒舌だって
みんな打ち合わせの上のもので本音で喋るやつなんていない。
みんな、節度を持って発言する。じゃなきゃどんな業界でも
干されるのは決まっているからだ。
しかし、大臣は違う、みんななんであんなに軽々しく自分の
首を自分で絞めるのか?
それも政策のためにとかではない、心無い発言で人の心を傷
つけたり、そんな人間としての失言ばかり。
総理は大臣を選べるし、理由無くても罷免できる。
国のために政治をするなら、内閣を支持率を安定させることが必要
そのためには躊躇無く罷免権を行使してほしい。
総理は辞表を待っているようだが、任命権者の責任は自分自身の
罷免権行使で負うべきであり、内閣の全責任は総理大臣が負うことを
忘れてはいけない。
posted by 空条錠太郎 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

道理の通らぬ世の中に、あえて挑戦する 俺たち、特攻野郎Aチーム!!

あなたは知っているか?

特攻野郎Aチームを。

その昔、どこかのテレビ局でやっていたアメリカのドラマ。

「ベトナムでならした俺たち特攻部隊は濡れ衣をきせられ
当局に逮捕された」
のナレーションで始まるこのドラマは、私の小学生時代の
好きな番組の上位に入る。

個性豊かなメンバーで構成されるチームは金と道理さえ通れば
なんでも引き受ける。

困ったやつを見逃せない。
水戸黄門みたいなおせっかいなリーダー、変装の名人
ジョンスミス大佐 通称ハンニバル
顔が自慢のハンサムボーイ、調達の名人
テンプルトン・ペック 通称フェイスマン
天才パイロットだが、奇人、変人?
マードック 通称クレイジーモンキー
メカの天才、大統領でもぶん殴る。でも飛行機だけはかんべんな
B・Aバラカス 通称コング

話は毎回困った人からの依頼を、アイディアと工作?で切り抜ける。

凄いのはこの、工作。

その辺に落ちている、部材を使って危機回生の道具を作り上げる。
なぜか偶然落ちている工具や部材を使って信じられない短時間で
作り上げる。アクションよりもそっちがみもの。

今は、テレビ東京でお昼12時30分〜放送中。
ぜひ観てくれ。

※同じ系列でやっていた「ナイトライダー」ももう一度みたいな。
posted by 空条錠太郎 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

80%ですって?!冗談じゃない、結婚なんてただの飾りです。偉い人にはそれがわからんのです。

友人D氏の結婚式に心から祝福を申し上げます。

おめでとう。


posted by 空条錠太郎 at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう一人は、徳永英明

今まで好きな歌手は徳永英明一人くらいでした。

世の中に好きな歌は、いっぱいあります。
でも、好きなのは歌であって、歌手はおまけでした。

そんな中で、徳永英明の歌は私の青春を代表する
歌の数々です。
はっきり言って、明るい歌は少ない。
ほとんどがバラード
一時期は暗い歌の代表か?と思うくらい重い歌が多かった。
でも、そんな歌が好きだった。

もちろん今も好きです。
最近は女性ボーカルのカヴァーが多いみたいですけど
それもまたいい。

その歌声は男性のその声質とは違う、透きとおりがある。
ずっと、歌が歌声と込みで好きになったのは徳永英明だけだった。
後の歌手は、俺にとっては歌が重要で、その人の声には興味なし
CDを聴いている時も、頭の中で歌っているのは自分でした。




そして10年。

なんか、まったく違うタイプの歌い手ですが・・・
共通点は切ないラブソングが得意?
posted by 空条錠太郎 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

これからもよろしくお願いします

川嶋あいさんは私の恩人です
だから、あなたのお母さんも私の恩人です。


ありがとう。








posted by 空条錠太郎 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。