2009年12月31日

寝台車乗車

去る11月
生まれて初めて「寝台車」に乗車してみた

その体験はなかなか貴重であった
一度は乗ってみるものだとおもった
つたない文章であるが、体験を記す

SA3A0040.JPG

・乗車列車名
 サンライズ出雲

・乗車区間
 東京〜出雲市

・乗車室
 A寝台 シングルデラックス

・乗車時間
 22時東京〜9時58分ころ出雲市


サンライズ出雲は東京発の出雲市及び瀬戸
行きの寝台車で、ほとんどが個室であるが
一部ノビノビ座席という雑魚寝に近いリー
ズナブル席もある
私の乗車したシングルデラックスは4部屋
しかないシングルの最上級部屋である。

部屋はビジネスホテルのシングルよりちょっと
狭いくらいで、広めのベットと、デスク及び
洗面台が完備され、衛星放送及びFMが受信できる
端末が配置されている。
SA3A0082.JPG

SA3A0077.JPG

サンライズは北斗星やカシオペアのような
広々とした個室のコンセプトではないため
部屋は最上級でもそんなに広くないが、室内は
落ち着いた木目調で統一され、個人的にはかなり
気に入った。
各部屋は当然、施錠可能であり、退出時に暗証番号
を設定しロックするキーロック方式になっている

シャワールームが数部屋設置されているが、シングル
デラックス以外の場合は、車掌からシャワーカードを
購入して使用する。
シングルデラックスはあらかじめシャワーカードが
部屋に用意されている。
又シングルデラックス専用のシャワー室があるため
(つまり4人で使用できる)混まないで使用が可能

シングルデラックスの部屋にはアメニティがあり
一通りの、それ以上のグッズが備えられており当然
持ち帰ることができる

サンライズは食堂車がない、そのため食事は事前に
購入して乗らないと、基本的に食事抜きになってしまう
ので気をつけなければならない

夕食を購入し、部屋で取った後買い込んだ本を読んで
深夜2時くらいに眠りに就いた、ハッキリ言って熟睡
は無理だったが、寝れないことはない。
朝6時ころ起きてしまったが、朝日が昇るところを
みながらぼーっとしていた。
ベットの脇は大きな窓になっていて、景色はかなりの
パノラマで迫ってくる。
SA3A0081.JPG

夜11時ころから翌朝6時過ぎまで車掌のアナウンスは
無い、皆さんお休みなので、緊急時以外はアナウンス
しないということだ
朝アナウンスが再開されると、到着駅の観光スポット
などを車掌が紹介してくれる。



料金は片道3万くらいで乗車券+特急券+寝台(シングル
デラックス)乗れたと思う
予約は窓口しかないが、結構倍率が高いらしい
1か月前の発売日の1週間前にVIEWカード専用予約
電話があり、私はそこで予約した

少々値が張るが、体験してみて損はないと思う
二人の場合はサンライズツインというグレードの高い
部屋もある



SA3A0060.JPG
posted by 空条錠太郎 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

僕が生きた証を残そう、そしてそれを夢と名付けよう

お久しぶりね、あなたに会うなんて・・・


つ〜こって、おひさ



実は半年ほどMIT大学院で博士号を取って
いたので、なかなかJAPANにリターンで
きなくてさ、更新が滞っていました。



うそ


めんどくさい



広告計算されていたほうが、アクセス多いんじゃ
ないかって感じですが、あまりにも『いきものがかり』
の新しいアルバムがいいので、書きます!!


「1曲目」
曲名見るの面倒くさいから曲順。

いいうただす
一番好きっす
このトリオはこういう詩が結構多いのですが
こういう詩がいいのです
こういう詩が書けるのは若いうちだけ
ですが、まさにこういう詩を書いている
この人たち、歌いきるこのきよえはすごい


「たしか4曲目」

いいうただす
二番目に好きっす
三番目の前に好きっす
一番好きな歌の次に好きっす



といううた



「ほたるがどうこう」という曲名に近い歌

いいうただすう
何番目かはいいません
だいたいさ、何番目なんてね
失礼にもほどがあるよ!?

まったく!!


内容は、ほたるがどうとかこうとか・・





失礼しました
本当に好きなんですよ
ファンの方怒らないでください

彼らの曲、きよえさんの歌声は
心を洗い流すような、おおきな
流れのように感じます。

涙が停まりません
posted by 空条錠太郎 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

そもそも、国政とは国民の信託によるものであって、その権利は国民がこれを有し、その権力は国会の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する

まだまだ。


第171通常国会の会期延長期間中7月21日に
衆議院が解散された。
久しぶりの衆議院解散であり、任期満了まであと
少しであった。


衆議院が解散されると憲法の規定により解散の日
より40日以内に総選挙を行い、選挙の実施日から
30日以内に国会の特別会を召集しなければならない
となっている。

今回の総選挙に関しては政権選択選挙であるとの
プロパガンダ的宣伝が声高らかにあらゆる政党の
代表者から聞かれるが、政権選択なんてはっきり
言って私的にはどうでもいい。
どの党が政権をとっても政治を行うのは官僚であり
政治家などというものを生業にしている人種に国政
を預かる能力も資格もない。
政治家の資格とは何だろうか?
専門的知識?カリスマ的な発言による人気取り?
官僚をコントロールしているつもりになる能力?
どれもくだらない。
はっきりいて政治家なんていなくたって問題ない。
政権を一度ある党に渡せということらしいが、ある党
どころか政治家の制度自体一回やめてもたぶんしばらくは
問題ないでしょう。

じゃあ、政治家の存在意義ってなに?
ただ単に利権や個人の地位と名誉と損得のためだけに
あるなんてことはないだろうか?
今は残念ながらそうなりかけている。
前にもこのブログで書いたが、政治家の国会議員の、いや
地方議員もそうだ、「民選」の高級官吏(議員や首長)の
存在意義は、官僚という本来の国政の実権を握る権力者
の暴走に歯止めをかけることに他ならない。
それを忘れたらいけない
しばらくは官僚だけでも国政はコントロールできるかも
しれない。
しかし、国政、つまり立法権を国民の代表者が決定する
という今のシステムを放棄したら、それは行政権と立法
権という2権力をあたえることになり、歯止めがかけられ
なくなる。
このことに国民が疎くなっていることに正直あきれて
しまう。
政治家のつまり、国会の役割は行政権を事実上掌握している
官僚の暴走をとめることなのである。
そのためには国会議員一人ひとりの能力などハッキリ言って
どうでもいい。
必要なのは紛糾する国会、つまり議席数の均衡する2大政党
がしのぎをけずり、争い法案が通りずらい、そんな状況
それのみである。
議会が紛糾すれば色々議論され、官僚の作る法案も色々
気を使わなければならなくなる。議員は国民の目を気遣い
簡単に法案を成立させなくなる。
法案はどんどん精査され、国民の声も結果的に届きやすくなる

つまり国会は常に議席数の均衡した国民の目を気にする
緊張状態にある状態が理想。そして理想の国家議員とは
独断専行で優れた能力のあるカリスマではなく、国民の
目を気にしているそんな気弱な人間であることが条件だ。
そんななかで官僚の力はいいところだけが引き出され
行き過ぎたものは政治家のご機嫌取り能力で結果的に
排除される。それがちょっと言いすぎかもしれないが
私の考えるいい国家機関像である。

だからこの政党はこんなマニュフェストだとか、そんな
ことはどうでもいい、どの党が第1党になってもいい
ただし、その議席数は第2党と均衡した、いつどうなるか
わからないそんな状態であることがいい。
国会議員も極端な馬鹿か利口なカリスマでなければ
誰でもいい。


と言っても、あの党が勝つんだろうね。
あ〜あ〜、セメテ大量議席獲得はやめてほしい


官僚は必要です。官僚は国会議員と違って
優秀な人間であるできたら国家国民に忠実な人間である
ことがキボンヌ
posted by 空条錠太郎 at 22:40| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久々の次は1日2投稿

です。


昨日8月20日は川嶋あいさんのコンサート
ツアーに行ってきました。
ここ数年毎年恒例になっています。

今年は6月に続いて2回目になります
20日は彼女のお母さんの命日です。
この日に旧渋谷公会堂でコンサートを
することが彼女の毎年の恒例行事です。

ことしは新しいアルバムの曲を多く取り入れた
コンサートになっていて、新しいアルバムの曲
は好きな曲が多いので、2回とも楽しめました。


毎回言いますが、彼女の声は澄んでいて
いい声です。いきもののきよえとはまた違った
いい声をしています。
彼女が長く、いい歌を歌い続けられるように
願っています。
posted by 空条錠太郎 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

厳しい人よ他人より自分に、優しい人よ自分より他人に

ひさびさです

特段書くことないけど、好きなドラマを
ひとつ


救命病棟24時シリーズです

今夏、第4シリーズがはじまりました
主人公の進藤一生は救命医療のプロで
どんな場面でもあきらめない無敵の医者です
第2シリーズの後海外で国境なき医師団の
医師として世界を駆け巡り、第3シリーズで
大震災に見舞われた東京の救命で一時的に
小島と再会し震災後の東京でバックアップとして
貢献した後、また海外に赴任しました。
今シリーズでは、アフリカから帰国後に赴任した
病院で医師全員が辞職した救命センターに
救命医療を取り戻すべく尽力します

小島楓は進藤に師事する医者で、シリーズを
重ねるごとに成長していきます。
今シリーズでは医療訴訟をおこされており
救急医療の医者側の犠牲者の一人としてその
さらなる成長ぶりが描かれます。

新キャラはユースけサンタマリアが演じる
救命センター医局長沢井です。
日本の救命医療を案じ、医師が自分の犠牲のもとで
成り立っている日本の救命に改革の波を起こそうと
進藤とは違ったアプローチをする医師です。
進藤とは患者の受け入れ制限に関して対立している

まぁ、主要キャラは以上ですか


第3シリーズは首都に大地震が来たというテーマ
今シリーズは救急医療が崩壊しているという現在の
日本の医療現場を描いています。

このシリーズの好きなところは進藤のヒーロー性
とそれを取り巻く医師、看護師、患者の人間ドラマ
です。進藤はスーパードクターですが技術や判断力
のみではありません。
患者の心も彼の医療の対象になっていることです
ただ初期治療をおこなうだけが救急医療じゃない
第2シリーズではそれが如実に描かれています
色々な運命を背負った患者が来て、その大部分が
命にかかわる救命センターで患者の心も診る彼の
姿勢、決して諦めない信念にはただの医療ドラマとは
一線を画するものとおもいます。


第3シリーズで震災に見舞われた救命センターで
疲弊し、投げやりになり、目の前の命から目を背ける
医師たちに彼は言います、毅然として。
少しのぶれもなく、まっすぐに。
「まだ震災を言い訳にするんですか。患者の前で」


ドラマの主人公にありがちなヒーロー性を前面に
出しているといことに否定はできませんが
とにかく救急医療に一生懸命であるという彼の姿勢が
現在の日本の医療現場に一石を投じることに間違いは
ないと思います。
又、今シリーズの医局長は確かに現在進藤と違った
考えを持っており、患者の受け入れ制限を行うこと
が現在の救命医療の崩壊を防ぐ策であるという点で
対立していますが、彼もまた救急医療の現状未来に
真剣に思いを馳せる等いう点では進藤と一致している
部分があると思われ、今後の展開に期待が持てます。
posted by 空条錠太郎 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

RIDE O〜〜〜NN!!

バイクはいい、あんなに気持ちのいい
乗りものは他にはないね。

久しぶりに、250ccのマニュアル
スポーツタイプバイクにのりてぇ
乗られずにはいられないってこってす

で、レンタルバイクなるものをネットで発見し、予約。


選択した車種はこれ↓





SA3A6012.JPG



・・・間違えた
これ↓
SA3A6279.JPG

kawasakiのNinjya250Rっす

この緑っぽいのがいいだろ〜

みどりだぜ〜〜


で、4時間という短時間で、何しようかと、どこいこうかと
思いましたが、とりあえずぷらぷら
久々に有料道路へ挑戦したりしましたが、一回乗っていると
勘もつくらしく、5年間のブランクもなく、スムーズ?な
運転。
しかし、250クラスでもやっぱり加速が凄いね!?
高速走ってないけど250でもあの加速と安定感が可能
なんですね

ちょっとほしくなりました。

ちなみに成績

レンタル時間4時間ぎりぎり、ジャスト!!
走行距離105km
給油量6L(燃費18km/L)
レンタル金額 8640円(4時間)+保険2000円


しかし、腰と両腕が痛い
やっぱりクラッチだるい〜

posted by 空条錠太郎 at 19:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

ダンディ

ブログなんて懐かしいな。

あったね〜そんなの〜〜
今、どうなってるんだろ〜???


そうなると、ブログの女王やぶろが〜は
どうなるんでしょうね?
共倒れですよきっと、中身の無いそんな
3龍タレントはよ、どらごん商流は〜〜

書くこと無いんだよ、全然
いいことないし、忙しいし、プライベート
もたいしたことなし、けっ

旅行も言ってないし、山も(仕事以外)登って
いないし、写真も興味ないし。けっ!!!
暑いし、眠いし、だるいし、足痛いし


明日の昼はとんかつ食うよ
あさってもだよ
しあさってはとんこつラーメンだよ

ゲ〜〜〜〜ッツ!!!!!!!!!!!!
posted by 空条錠太郎 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

I Can believe myself anytime again

6月2日に待望の川嶋あいさんニューアルバムが
発売になりやした。

今回のアルバムは正直あまり期待していなった
のですが、いやいやなかなかです。
最近いきものばかりに気を取られていましたが
まだまだやらせはせん、という感じでしょうか

今年は6月と8月に2回コンサートに行きます。
例年以上に楽しみです。

ライブはいいっすね、いきもののライブにも行って
見たいんですけど、こっちは人気が半端ないんで
すぐ売り切れっちゃうんすよ


つ〜ことで、電波の受信のお話です。

電波は空間を連続して電界と磁界が発生することで
伝わるエネルギー場です。
エネルギー場(ポテンシャル)なので、発生源が
もちろん必要であり電磁エネルギーを高周波として
空間に発射することにより空間に電磁ポテンシャル
を発生させます。
発生源から電波が発生すると、空間を伝わって行く
わけですが、このポテンシャルは他の重力なんかと
同じで距離に反比例してエネルギーが小さくなります。

この電磁ポテンシャルは、あくまでポテンシャルで
あるので、これを運動エネルギーに変換しなければ
活用することはできないのであって、せっかく貯めた
ダムの貯水も高いところから放水してはじめて発電
できるような、そんなことです。
電波を受信するのも、前のブログでお話した送信側
の時に出てきたアンテナです。
アンテナは増幅器です。
通常、増幅器には電源(この場合電源とは電磁エネ
ルギーとは直接関係しない電気の力のこと)が必要
なのだがアンテナは電源を必要しない、いわゆる受動
素子なのだが増幅効果があるという、なんとも不思議な
ものなのです。

受信側で発生する電力をみてみます。
なにしろ、電波は発射することが目的ではないです
受信してはじめて意味があるのですよ。
電界が発生しているところにアンテナがありますと
アンテナの利得分電界が増幅されます。
この増幅された電界をEとして発生する電圧をVと
すると
V=EL 
という関係でVが得られます
ここでLは実効長といい、実際のアンテナの長さではなく
電気的な長さをいいます。
このVはアンテナに誘起される電圧なんですが、実際
にはこのエネルギーを受信器に伝えなければならない
この時に受信器で使用できるエネルギーはVの半分と
なります。これを終端電圧といい、前述のVを開放電圧
と呼びます。
なぜ半分になるかというと、アンテナのインピーダンスと
負荷のインピーダンスが同じ(整合)されたときに
負荷で使用できる電圧が最大になり、そのときの大きさが
半分になるということです。

受信した電圧は無線機で信号部分が分離され、音として
聞こえたり(携帯電話とか)インターネットができたりとか
します。
この信号の分離は復調といい、また今度話します。
posted by 空条錠太郎 at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

偶然も3つ重なれば、必然になる

きよえのAN聴いています。


やっぱり、いきものはいい
なんでかなぁ
この声がいい、この詩がいい、この曲がいい

・月とあたしと冷蔵庫
どういう心境になれば、こんないい詩が書けるんだ
それに、きよえはどんな歌もおんなじようにうたって
それで、すっぽりはまる。
はまるんだよ、こういうまったりな歌も、てんぽの早い
曲もさ〜
不思議だな???

どんな歌かっていうと、冷蔵庫を開けてアイスを夜中に
食うと、色々考えることがあるってうた。


・ジンジャーエール
好き。

あいらーぶ じんじゃーえーる!!!
べり〜〜まっぁっつち〜〜

しかし、神社

じゃね〜よ
じんじゃあ あ、だよ


ってなんだっけ?

ああ
じんじゃあってことは
生姜だろ

でもこれ、生姜の味する?
いや〜〜、しね〜だろ
ちなみに、原材料は生姜って書いてないし
たぶんうそだな。


以上
posted by 空条錠太郎 at 01:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

お蔭参り

久しぶりに旅行記です。
GWには必ず旅行。
旅はいいですよ、いつも考えられないことを
ぼーっと考えられます。

今年は伊勢参りがメインです。

2日
名古屋に前泊です。
駅前の東横インに泊まりました。
夕食は駅で購入した「みそカツ弁当」です。
なかなかおいしかったです。
事前に考えたスケジュールを急きょ変更しようと
おもいたち、ロビーのパソコンで色々調べました。
ITだな。。。
IT万歳

3日
メインの日です。
伊勢参りです。
名古屋から伊勢までは、JRの特急南紀1号で
松阪まで行き、そこから近鉄線に乗り換え五十鈴川駅
で下車。
そこからバスで5分程度です。
しかし、GWのせいなのかバスが道が混んでいて
10分程度かかってしまった。
まぁ今回はGWの込み具合も堪能しようという趣旨が
あったのでよし。

伊勢神宮は内宮と外宮に分かれていて、内宮は天皇の
先祖とされる天照大御神を祀り、外宮は豊受大御神を
祀っている。
伊勢神宮は正式には「神宮」といい、日本の神社の本宗
となっている。

話を戻します。
五十鈴川駅は内宮に近い駅です。
本来は先に外宮を参拝するらしいのですが
行程上先に内宮を参拝いたしました。
内宮は入口に大きな架け橋がかかっているのですが
現在その橋は新しくかけている途中でとおれません。
そのわきにかけてある仮の橋を渡って入ります。
神社の中は結構広く、じっくり参拝すると2〜3時間は
かかります。
GWの人出のなか、結構ゆったり2時間近くかけて
参拝しました。
本殿は石段の上にあるのですが、石段の下までぎっしり
人で埋め尽くされています。
ここで30分くらいは待ちました。

本殿は前面に拝殿があり、一般の人はここで奥にある
正殿にお参りします。
奥にある正殿は横からちらっと見えますが、3つの
建物が有、その中心に天照大御神の御神体の「ヤタノ
カガミ」(3種の神器の一つ)があるそうです。
もちろん見れません。


ひとしきり参拝してから、外宮へ移動です。
外宮へはバスが出ています。10分くらいで到着。
ちょうど昼になったので、参道で昼食です。
参道の伊勢市駅に近い右側の喫茶店のランチを食べました
2500円のランプステーキランチです。
スープ、サラダ、デザート飲み物もついてで
結構お得だと思います。
ステーキがかなり柔らかくて、おいしかった。

外宮は内宮よりはこぢんまりしてます。
正殿の作りは似ていますが、石段はなくあっさり参拝
そのほかにもいくつか社殿があるのですがほとんど
歩かずに参拝できる感じです。

確かに順番は守ったほうが観光としてもいいのかも?

宿泊は京都嵐山です。
私は伊勢神宮は京都にもっと近いと思っていたので
気軽に予約したのですが、スゲ、遠い。
近鉄特急で京都まで行きそこから阪急線で嵐山を
目指します。
宿は「らんざん」というところで1泊1人26000円
でした。時期的なこともありますが、洋室でこの値段は
かなりだと思う。
部屋は普通の洋室です。はっきりって普通。
ただ、目当ては夕食でしたので
夕食はかなりのボリュームとおいしさ。


4日
嵐山観光です
京都は都合5回目の私。
嵐山は未開拓だと思ってきたら、あ
天竜寺行った(このブログに数年前に京都旅行記を書いた
ような記憶が・・・そこに訪問記を書いたかも)

気を取り直して行った清涼寺がなかなかよかった
参拝料は450円とられましたが、本堂もりっぱで
阿弥陀如来像も拝みがいがあるというか、なんというか

庭園もかなりいい感じで写真に撮りましたよ。

しかし、携帯デジカメはだめだな。。。
なんか平べったい

ここの参拝だけで予定時間を結構圧迫。
次は歩いて大覚寺だ・・・・って
ここもなんか見覚えがある??
入る前に気がついてよかった。
なんかもう京都は限界か俺

そのまま歩いて念仏寺に向かう、ここは心配なし。

と、その前に後亀山天皇の陵(天皇墓)があるというので
お参り。

しかし予想以上の寂しさ、宮内庁の看板と
ちっちゃい塔が建っているだけ。
まぁこの天皇のことはよく知らないし、こんなもんか
ちなみに天竜寺の中にも陵が2つありますよ。

念仏寺はつまり無縁仏を集合させた霊園ですね
むかしの無縁仏がいっぱい集まっていますが
基本霊園なんで一般の墓もあり、お墓参りしてる
人もいました。

嵐山を去り、バスで京都市内へ移動。
しかし、バスが途中でどんどん人が乗り込み
ガキがつぶされ泣き叫び、地元の女子高生が
いつものことという感じで、冷めた目でみながら
それでも乗り込む。
途中で乗車率が140%になり運転手がバス停を
通過し始めた。
一応外部マイクで次に乗ってくださいと言って
いたが、次が乗れる保障はあるのか?
まあ、しったこっちゃないが。

市内も信じられないくらい混んでた。
新幹線の時間もあったので駅近くの王将でチャーハン
餃子を食し、東本願寺で祈った後帰宅。


GWど真ん中は初めてで、もっと覚悟していたが
嵐山の中や伊勢はそれほど混んでもいなくて
ゆっくりできたと思う。
最後の京都市内はすごかった、はじめてタクシー
使った。

写真を載せようと思ったけど、めんどくさいから
省略、どうせほとんど撮ってないし。
posted by 空条錠太郎 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

空中線電力と実効輻射電力

無線局を運用するのには免許が必要(ここでいう
免許は無線機等に与えられる免許、人に与えられ
る無線従事者免許とは別)

この免許が与えられると無線局免許状という公文書
が交付され、免許人はこの免許状に記載される
条件に従って無線局を運用する必要がある。


この条件はいくつかあるが、今回取り上げるのは
・空中線電力
・実効輻射電力
である。


・空中線電力
空中線電力は無線機から放たれるパワーである。
電力なので単位はW、この数値が大きいほど遠くまで
届くことができる。
この空中線電力は指定の仕方に二通りの指定方法があり
一つは「指定された電力を上限として、できるだけ小さい
電力で運用する」
もう一つは「指定された電力で運用する」

前者の指定方法がほとんどの無線局に適用され
後者は放送局等の少数の無線局に適用されれる。

・実効輻射電力
同じ電力でもこちらは実際の電力である。
実際ということは前述の空中線電力は実際ではないという
ことなのであろうか?
無線機には必ずアンテナが付いている。
このアンテナから電波が空間に発射されるのであるが
アンテナから発射される電力は前述の空中線電力ではない
空中線電力はあくまで無線機の出力電力である。
アンテナには利得というものがあり、電力を増幅させる
作用がある。
そしてアンテナに至るまでには無線機とアンテナをつなぐ
ケーブル等があり、これが損失となる。

実効輻射電力は
(空中線電力/ケーブル等損失)×利得
となる。

このブログで利得の説明はたぶんしているので
詳しくはそちらを参照してほしいが、アンテナには指向性
というものがあり、方向によって利得の大きさが違う
このためこの計算に使用する利得は最大指向性を得る
方向の分配比率を使用する。
つまり
あるアンテナの利得が6dBで指向性が60度と120度で
最大利得を得る場合(つまり2つの指向方向がある)で
分配比が2:1の場合大きいほうの60度方向の利得は
6dB−1.8dB(0.66倍)で4.2dB(2.6倍)
となる。そして60度方向の利得が指向性最大になる。

そしてもしケーブルの損失が1dB(0.79倍)で
無線局の空中線電力が10Wなら実効輻射電力は
10W×0.79×2.6=20.54Wとなる

60度方向では20.54Wが実際空間に発射され、
距離に反比例して減衰し、受信側のアンテナの利得でまた増幅され
受信器で受信するという過程をたどる。


なんか、計算違うかも?

間違ってたらすみません。
posted by 空条錠太郎 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

う〜ん、ど〜でしょ〜?(N島3風)

春も麗らかな今日この頃
季節の変わり目は、なんだか疲れがでやすい。
特に春はしんどい

ちょっと時間ができると、ろくなことがない
そんな春うららかに想う。



人は皆弱い
弱いゆえに強くなりたいと思う。
抗う、探し続ける、さまよい続ける


でも
迷いは、無駄ではない。
それは、生きること。
力の限り生きること。
もちろん出口はあるし、それを目指すのは重要


迷うこと、悩むことから逃げちゃいけない。
迷っていけ、悩んでいけ
疲れてもいい、焦っていい


ぶつかっていけ
何度でも、立ち直れ

苦しくたって、生きている
苦しくたって、笑うことができる
苦しくたって、立ち上がれる
苦しくたって、他人に愛を与えられる



その全てが生きること。
posted by 空条錠太郎 at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

あなたは観光庁を知っているか?

しらね〜


観光庁なんて日本にはないでしょ?
あんた学校でちゃんと公民の授業聞いてた?


聞いてませんですけど!?


時代が変われば中央官庁も変わるってこと。


しかし、だせ〜ネーミング
あんた、観光庁って、ぷっ


もう少し、なんとかならなかったの?
政所とか、京都所司代とか
関東取締執役とかさ

ねぇ、暴れ八州好き❤

国土交通省設置法
第四十二条  観光庁の長は、観光庁長官とする。

観光庁は国土交通省の外局です。
外局の長は長官という役職で
一般職の国家公務員です。
一般に指定職のキャリアが就任します。
このポストを1〜2年やって本省に戻って官房長あたり
か審議官(次官級)をやってうまくいけば事務次官やって

あまくだり〜
あまくっだって候

俺のバ〜ん、ひっとえんど・・・




第四十三条  観光庁は、観光立国の実現に向けて、魅力ある
観光地の形成、国際観光の振興その他の観光に関する事務を行う
ことを任務とする。


立派な任務だなぁ
ほとんどの人が昇進と恩給と定年まで安定した生活のこと
しか頭にないからきっと観光について立派に魅力ある観光地
に箱ものを作りまくってくれますよ〜



この任務なら東国原でいいだろ、長官。



<フィクションです>
posted by 空条錠太郎 at 01:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

はるはらと詠う

ひさびさ〜〜!!!!

マジ超久なんで、ウケルですけど〜〜


忙しすぎてというわけでもないんですが
なんか書く気が起きないという
まあいつもの言い訳です。


春ですね。

朝少し寒いから、ダウンジャケット着ていくと
みんなパーカー羽織ってるだけなんですが
まだ朝寒いんですけど・・・ってダウンジャケット
はいくらなんでもないか、うん。



しつこいですが、いきものがかりはいいバンドです。
まず、そのポップな、あくまでポップな曲調。
もちろん大魔道士をほめているわけではありません。
泣き笑い切なポップを自称するだけのことはあります
メロディーラインとその構成にまさにポップの王道を
見ることができます、切ないのにポップに歌う
どの曲も正ににそのとうりであり、ああ、ポップとは
このような曲のことを言うんだなあ・・・と
思うのです。

思うのですよ。


そして詩。

男が書く女性の切なさですか・・・・
可能なんですか?

無理でしょ。普通?


単なるひらめきや想像で出来るもんではないと
思うんですが、どうやってるんでしょう?
不思議です??
これがまた、あんた、井石、居石、委医師


むき〜〜〜〜!!

いい詩、だっつってんだろ〜が
たこ!!!!
一発で返還しろ・・・・・・




おい

一発で返還って、あんたね・・
香港とか?



すみません。
はなしがそれました。


えっと、なんでしたっけ?


え〜と
ボーカルのキヨエさんはすごいですね。
なんすかね?
まさにはらはらと歌うんですよ
でもテクニックもある。
ただ声量があるだけじゃない
彼女は確か学校で歌を勉強していたと
思ったので、まあテクもいろいろ習得
してるうんでしょうけど、ねえ
まさにこの詩この曲にピタリとはまる
歌い方

きれいな声じゃないけど
空間を隅々まで洗い流しながら進む
清流のような、そんな感じがするんです。


それにしてもやっぱり歌は女性のほうが
いいですね
昔からの持論ですが、やっぱり歌は女性のほうが
上手いですな
いや、色々批判は聞こえてきそうですが
俺はそう思うんですよ
posted by 空条錠太郎 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

林原めぐみを想う

私が10代後半〜20代前半にアニオタだったころ
声優の一大ブームが到来した。
声優の人気は現在のそれよりも比べようもないくらい
大きく、それまで一般人は気にもしなかったその存在に
たとえアニメファンでなくても、気にするくらい
大きな社会現象になっていた。

そんな中、私が一番好きだったのは言わずと知れた?
林原めぐみ嬢である。

嬢は私が知るようになった95,6年にはすでにそれなり
のキャリアを踏んでいる声優だったが、あの伝説のアニメ
番組「新世紀エヴァンゲリオン」で綾波レイ役を演じた
ことにより、その名前を世界に知らしめることになった。

私は綾波で彼女を知ったといっても過言ではないが、綾波
が好きであったわけではなく、彼女の元気な演技が好きだった
中でも「スレイヤーズ」での彼女のはまり役「リナ・インバース」
が好きであり、そのはじけた元気さと卓越した演技力に
いつも夢を追っていた。

そして忘れてはないらないのは、彼女のその歌唱力の素晴らしさ
である。
彼女は歌うことが大好きであり、その歌唱力はアニソン以外の
歌手のやつらにも彼女を見習えと言いたくなるくらいである。
声優とは一般に養成の過程で歌唱指導を受けているものである
ので多少うまいやつはいくらでもいるし、今でも声優のなかで
歌手としての活動をするものも多くいるが、彼女以上の歌唱力の
声優は見たことがない。

最近スレイヤーズメグミックスを購入し久々に彼女の歌を
聞いているが、あの頃のアニメに対する気持ちが蘇ってきて
新鮮でいい。
最近はアニメも見なくなったし、彼女が新曲を出しているのかも
知らないが、コナン君で見る彼女の演技に懐かしさとちょっぴり
の嬉しさを感じることができるのである。
posted by 空条錠太郎 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

Enjoy!! Your Life

雪が都心にも降り、寒さが身にしみるこのごろ。

皆様、お元気ですか?

僕は元気じゃないです。


特にブログに書くようなことは私の人生にはなく
仕事の忙しさなんて、虚しいだけだとひしひしと
思うんです。

皆さんは人生楽しいですか?
学校に仕事に趣味に恋愛に楽しんでいますか?
楽しむって大切です。
実際、嫌なこともいっぱいありますから
楽しむなんて心の余裕はないと思いますけど
ほんの少しでも、楽しむ心を持っていたら・・・
それだけで、何とかなるもんですよ


楽しんでいるとき、あなたは自分を生きています。




あれ? 言ってることが前半と違う?


まあ、いいや
posted by 空条錠太郎 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

政治家って何?必要なの?

誰もが皆、もしやと思い、まさかと疑いを否定できない
この疑問は誰もが思うものですよね?

そもそも政治家は民主主義の象徴である。
古来より政治は時の権力者がこれを独占して人民は支配
を受けて、それがあたりまえだった。
明治維新を経て、近代立憲国家となっても政治家はあくまで
天皇を中心とした官僚支配のなかの民主主義の言い訳にされ
形だけのものだった。

そんな時代を経験して政治は主権者である国民の信託を
受けた政治家がおこない、官吏は政治家(国会)の決めた
法律、政治家の中から選ばれた内閣に従い行政事務を遂行
するものとされた。

しかし現在、行政の意思決定が国会や内閣の閣議で行われ
ているとは思えない。
確かに法律を制定できるのは国会だけだし、内閣総理大臣は
国家議員の中から選ばれるし、多くの政治任用(公務員試験
を受験して公務員になったもの以外の人間を公務員に任用
する役職。国務大臣、副大臣、いろいろな行政委員会の議員等)
の公務員が一般の公務員より上級の権限をもつ役職として
いることからも政治家の存在意義はまさに民主主義のプロセス
として重要な役目を担っていると考えられなくもない。
だが、決定権が上級職である政治任用職に与えられていても
意思決定までのプロセスが官僚によってすでに「決定」され
ている状況であり、それに「不可」を下すことにできる
政治家がどれだけいるだろうか?
いや、「不可」とすることが政治ではない、もっといえば
「可」or「不可」の決定を下すことのできる政治的判断力を
持ち合わせている政治家がどれだけいるだろうか?

古代から支配階級とは権力をもつが、実支配をおこなって
いたのは周りにいた取り巻き連中であり、支配階級は「可」
と印鑑を押すことで支配欲を満たしていた。
今でいえば、政治家は古代の支配者と同じであり、実支配を
行っている官僚の意思決定のまま所信表明に「可」とし
予算案に「可」とし法案に「可」とし表向きはさも民主主義の
代表者であるかの如く振る舞い、政治的駆け引きを政治と
勘違いするにいたるのである。

結局民主主義のプロセスなんて空想なんだ、実際は官僚という
支配者がいて国民は騙されているだけなんだ・・・
そう絶望せざるを得ない、それが今の「政治家」です。
じゃあ、そんな政治家いないほうがよっぽどうまくいくんじゃ
ないか?
実際、国際社会では政治家というものがいない(民主主義的
プロセスを経ていない者が国権を掌握している)場合が多々
あり、特に問題もなく国政が運用されているようにみえる場合
もある。
じゃあ、政治家なんて必要なの?
ここまで虚仮おろして持ち上げようがないが
必要であってほしい。あるべきだ。

国民により選ばれ、その意思を反映させる政府を構成するために
議論しその意思を下達して官僚に行わせるプロセスを実行する者を
「政治家」と呼ぶ。
国家には色々な問題が山積している。これをすべからく政治家に
議論させていたのでは現実的に物量が足りないし、選挙により
政治任用により短期に職務を変更しなければならない政治家が
専門的知識を全て会得しねければいけないのも現実的ではないから
もちろん官僚にその一翼を担わせることは必要だが、意思決定には
そのプロセスから政治家が議論を尽くし、注目されていようが
いまいが議論し、その中に政治的駆け引きがあってもそれも政党
民主主義政治だから十分議論して、その上で「可」「不可」の
判断をする。
政治任用の上級官吏はいっぱいいるのだから、所信表明も予算案も
官僚の言いなりにならず、来たものを20回でも30回でもつき
返してなっとくいくまで形にして、さらに議会で議論を尽くす。
「時間がない」「人がいない」は言い訳にならない。
もしそのために人が必要なら、本当に必要な政治任用官吏なら
もっと増やしてもかまわない。
とにかく人減らしをすればいいという短絡的な行政改革には納得
できない、その一方で民主主義プロセスに必要な上級政治任用
官吏の数ばかりが減らされたのではたまったものではない。

政治的駆け引きをするなというのではない、それも議論を向上させ
るプロセスの一つになるなら、どんどんやればいい。
1院制を唱える人もいるが、それこそ官僚のおもうつぼである。
政治家が政策のプロセスからそれを監視して、議論して、議会で
決定するという一連の流れをおこなうにあたり順調である必要はない
スピードが必要な問題もあるので配慮も必要だが、それも政治的
判断によって政治を行うべきであり、ただその点をもってのみで
スピードの一院制にするべきであるということは早計であると
いわざるを得ない。


長々と書いたが、民主主義が絶対的に優れている政治方法である
ということは残念ながら言い切れない。
しかし、封建、君主政治で基本的人権の遵守や国民のための政治が
行われたことはただの一度もない。
政治家が官僚の上位に位置するこの政治方法が間違っていないと
証明するためにも、政治家に考えを改めてもらうしかない。
そうでないと、いつまでも今の政治体制で日本がうまく運営され
るとはとても思えないのである。
posted by 空条錠太郎 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

泣き笑い、切なポップ3人組

いきものがかりは、いい。

青春ですから直接関係ないですが
いいじゃん別に。

・SAKURA
このタイトルの歌おおすぎ〜
まぁ佐倉、じゃね〜や、桜はいろいろだから
しかたね〜か。

ひらひらっていうことです。

・KIRAKIRA TRAIN
旅立ちっす。
切なポップの代表格ヵ?

いいうた

こういう、切なさをポップにアップテンポに歌える
っつう〜のは、なかなか、あんたいくつ?
ってかんじっす。

20くらいなんだろう〜な?

お若いのに、あんたなかなかわかってらっしゃる。

・コイスルオトメ
俺とは無関係な歌。

でも、好き。

I LIKE This Song Very Mach


・タユムコトナキナガレノナカデ
タイトルがなんか似たような感じですけど。

いいすか?


いい歌だけどね。


しかし、イ石田。
ほんとに、イ石田。


〜いきものがかり〜
きよえ以外は作詞でがんばってる
演奏もしているけど、作詞がこのいきものを支えてる

歌はキヨエが抜群にうまいから、男2人はとてもかなわない
きよえはうまいなあ
声も生まれつきいいんだよ

きよえをいれてよかったな〜
男二人でゆずをねらってもだめだったろ〜な
歌はあんまりかな〜、でも詩がいいからいいよ。

<偉そうですまそ>
posted by 空条錠太郎 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

若いやつを侮っちゃいけない、あいつらがその気になれば、世界だって変えちまえるんだ

さむいすねぇ

ほんのこつ、さむすわ〜

持病の坐骨神経痛がぱね〜、ぱね〜。
いて〜。


しかももう花粉だよ・・・
今年はすげ〜、もうクシャミとまらぬ
のどいがらっぷい。

ほう


今月は登山が多いし
久々に医者いってリハビリでもするかぁ・・・
よくなるかなあ?
あと少し筋トレして筋肉ん付けないと、もうあらさーだしね。


以上
posted by 空条錠太郎 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

御免蒙

24日に大相撲1月場所14日目を両国の
国技館に友人と観戦しに行ってきました。

SA3A6012.JPG


2年ぶりくらいの国技館でしたが、今回は
いつもと違って少々いい席・・・とは言って
も椅子席ですが。一応A席で前から5列目
だったので結構前のほうでした。

場所目から下馬評の低かった朝青龍がまさかの
好調でここまで負けなしの13連勝。追う
白鵬が12勝1敗で横綱どうしの接戦になって
います。
14日目は白鵬は大関千代大海と、朝青龍は
大関魁皇との取り組みになっていました。

結果は両横綱が勝利し、千秋楽の直接対決で
白鵬が勝てば、優勝決定戦で優勝が決定します。
場所前は前半で朝青龍が負けて引退か?という
憶測もありましたが、今日見てきて引退どころか
全盛期の力が蘇ったように見えました。
気迫も十分ですし優勝は朝青龍かなと思って
しまいます。

今日も朝青竜の取り組み時に対戦相手の魁皇コールが
おこり朝青竜へのブーイングも聞こえました
(私と一緒に行った友人もブーイングしてました)
でも朝青龍はそれを餌にどんどん気迫を増している
ように見えます。
いままで横綱のヒールってまんまりいませんでしたが
彼はそれを引き受けていろんな意味で自分の栄養に
しているようで、まぁ日本人とは違って強いというか
賢いというか、面白い人だと思いました。
posted by 空条錠太郎 at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。