2012年08月26日

再開するかはわからないけど

どうも。
しばらくぶりです

久しぶりにブログ書いて、あと少しってところで
仕事に出かけなくちゃいけなくなり、今帰ってきたら
記事を保存する前にPCを落としちゃってたよ!!


まあいいや、さっきより適当になるけど書きます

今日、近くの講堂にスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー
が講演に来るということで、前前からこの人の話を生で
聞いてみたかったので、行ってきました。
別にジブリの作品が昔から好きというわけではないの
だけれど、宮崎監督と鈴木Pは昔からその人間性が
あくまでメディアで見る限り、好きでした。
特に「もののけ姫はこうして生まれた」で鈴木さんの
宣伝活動の一端をドキュメントしていましたが、その
考え方や、行動力がすごいなあと思って、珍しく有名人に
関心を持つようになりました。

そんなこんなで、今回どんな話かな?と思いながら行って
みると、そのお話はジブリの制作現場の話ではなくご自身
の恩人についてのお話が骨格になっていました、講談社に
お勤め時代の上司の方のお話で、そのかたから「プロデューサー」
という仕事について教わった、というお話だったと理解しています。
話は予想以上に面白く、会場内は爆笑と関心でみんな終わる
ころには鈴木さんにひきつけられていました(と思う)。
1時間半という時間でしたが、もっともっと聞けたらという
感じでした。
せっかくなので、一幕をご紹介します。

最後に会場内からの質問に答えるという感じで、学生さんの
「将来何をやりたいかわからないのだが、鈴木さんは大学で
 何を勉強して将来の準備をしましたか?」というような質問に。
「大学はモラトリアムという感じで、アルバイトに精をだしていた。
 特にやりたいこともわからずにいた。
 世の中には以下の2種類の人がいる
 ・小さい頃から目標を持っている人。
 ・自分が何をやりたいかわからずに成長する人。
 前者は自分の夢に向かって一生懸命努力する。という生き方。
 では後者はどうしたらいいのか?それは、目の前にある仕事をコツコツ
 やっていくことだ、そうすればきっと自分に合った仕事に巡り合える
 どんな仕事も面白く感じる。私にとってのジブリもそれです。」
 ※記憶なので、詳細は違っていると思います。すみません。

めったに講演しないということで、遠く大阪から来ている方も
いて、なぜ?山形で?という疑問は解決しませんでしたが
運が良かったなと思います。


それにしても仕事、18時に呼び出されて24時に帰宅して
疲れた。仕方ないけどね
posted by 空条錠太郎 at 02:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりの更新だね
俺も何か書かねば
Posted by 元、狛江市民 at 2012年09月01日 21:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。