2009年04月06日

はるはらと詠う

ひさびさ〜〜!!!!

マジ超久なんで、ウケルですけど〜〜


忙しすぎてというわけでもないんですが
なんか書く気が起きないという
まあいつもの言い訳です。


春ですね。

朝少し寒いから、ダウンジャケット着ていくと
みんなパーカー羽織ってるだけなんですが
まだ朝寒いんですけど・・・ってダウンジャケット
はいくらなんでもないか、うん。



しつこいですが、いきものがかりはいいバンドです。
まず、そのポップな、あくまでポップな曲調。
もちろん大魔道士をほめているわけではありません。
泣き笑い切なポップを自称するだけのことはあります
メロディーラインとその構成にまさにポップの王道を
見ることができます、切ないのにポップに歌う
どの曲も正ににそのとうりであり、ああ、ポップとは
このような曲のことを言うんだなあ・・・と
思うのです。

思うのですよ。


そして詩。

男が書く女性の切なさですか・・・・
可能なんですか?

無理でしょ。普通?


単なるひらめきや想像で出来るもんではないと
思うんですが、どうやってるんでしょう?
不思議です??
これがまた、あんた、井石、居石、委医師


むき〜〜〜〜!!

いい詩、だっつってんだろ〜が
たこ!!!!
一発で返還しろ・・・・・・




おい

一発で返還って、あんたね・・
香港とか?



すみません。
はなしがそれました。


えっと、なんでしたっけ?


え〜と
ボーカルのキヨエさんはすごいですね。
なんすかね?
まさにはらはらと歌うんですよ
でもテクニックもある。
ただ声量があるだけじゃない
彼女は確か学校で歌を勉強していたと
思ったので、まあテクもいろいろ習得
してるうんでしょうけど、ねえ
まさにこの詩この曲にピタリとはまる
歌い方

きれいな声じゃないけど
空間を隅々まで洗い流しながら進む
清流のような、そんな感じがするんです。


それにしてもやっぱり歌は女性のほうが
いいですね
昔からの持論ですが、やっぱり歌は女性のほうが
上手いですな
いや、色々批判は聞こえてきそうですが
俺はそう思うんですよ
posted by 空条錠太郎 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116976452

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。