2009年01月04日

コンデンサが混んでんさ

なめんな。


どとうの2回目

1月3日 2日目

・コンデンサの作るエネルギー
コンデンサは苦手です。
電気回路は得意科目でして、いろいろな難しい計算も
大学でよくやっていましたが、コンデンサは受験の時
から苦手です。
交流回路になるとただのインピーダンスですから
別に問題ないんですが、直流時はなにしろインピーダ
ンスが∞になるし、そうすると回路計算がめんどくさい
しかも電池が接続されていない場合の計算もやだ。

まあ、そうもいっていられないので・・・

コンデンサは電気を貯めます。
そして、その結果コンデンサはエネルギーを蓄えます。
W=QV/2 (J)
1Cの電荷のするエネルギーを電圧と定義しているので
Q(C)の電荷がするエネルギーはQVです。
その1/2がコンデンサが蓄えるエネルギーです。
かかる電圧が大きいほど、静電容量が大きいほど当然
蓄えるエネルギーは大きくなります。



いやなのはこの次の「コンデンサに電源を接続したばあい
接続しない場合の計算」です。
直流回路計算、交流回路計算は勉強するまでもないので
ここが終れば、磁気と計測と電子回路やって、理論は終わり。
posted by 空条錠太郎 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。