2013年02月11日

無線局の検査制度

無線局の検査制度については、過去何度か書いたことが
あったと思う。
無線局の検査には「落成検査」「変更検査」「定期検査」
「臨時検査」の4種類があって、このうち「臨時検査」を
除いた3種類の検査に「登録検査等事業者制度」が利用可能
になっている。

一昔前まではこの制度は「登録点検事業者制度」と呼ばれて
広く利用されていた。
平成22年に電波法体系が放送法と同時に大きく改変されて
それにともなって、無線局の検査制度にも変更が加えられた。
その一部が「登録検査事業者制度」である。
従来の点検事業者制度では、民間の登録された事業者が無線局の
「点検」を行うことができる、とされていた。
この「点検」とは無論、無線局の点検を行える、ということで
あるが、あくまでおこなえるのは「点検」であって、それは
忠実に無線局の状態を点検して、無線局の免許人に通知する
というものであった。言い換えれば、点検事業者には判断する権限は
無いということであり、あくまで判断は点検結果を免許人より
受領した「国家(総務大臣等)」が行うという点は、点検事業者
制度発足前の官憲による検査制度と変わりはなかった。
(点検は民間、判断(判定)は国家という役割分担ともとれる)

しかし、検査事業者は題目通り「検査」を行うことができる。
この場合、検査とは「点検」と「判定」という二つの区分に分ける
ことができる。
「点検」とは従来通り無線局の状態を確認する作業であり
「判定」とはその結果を法令に照らして、合致しているか否かを判断する
作業である。
つまり、従来官憲が行っていた、判断作業も民間事業者が行うことが
できるというものである。

検査事業者に登録されるには点検事業者に登録されるよりもレベルの
高い基準が求められる。
その意味は、検査まで行わせるにはより強い社会的責任と、知識技術能力が
担保されなければならないという現れである。
第一に、登録時に役員の経歴や、組織の謄記に係る書類の提出が義務づけられる
そして判定を行うことができる「判定員」の要件には、点検を行う資格者である
「点検員」よりも厳しい資格が求められるのである。
そして、検査事業者には登録の期限が設けられていて、その期限は政令で
「5年」とされている。この期限到来時までに「更新」を行わなければ、登録は
失効する。

さて、前述の検査であるが、どんな無線局にもどんな検査種別にも行う
ことができるのかというと、そうではない。
検査可能なのは「人の生命又は身体の安全の確保のためその適正な運用の
確保が必要な無線局以外の無線局」であって、なお且つ「定期検査」に
限って検査を行うことができる。
この「人の生命又は身体の安全の確保のためその適正な運用の確保が必要な
無線局」とは「基幹放送局」「航空機局」等々、従来から重要とされてきた
無線局である。※登録検査等事業者等規則15条に列記
これらの無線局には検査を行うことはできず、従来通り点検を事業者がおこない
国家が判断するという手順を踏むことになる。
検査の方法も規定されている。点検結果を法令に照らしてそれが法令に適合
しない場合「否」と判定し、工事設計が法令に適合しない場合「不適合」と
判定するということが、判定の方法である。
つまり、判定とは机上で行うことをさしており、もちろん判定員は法令の規定
(無線従事者の資格要件や、備え付けるべき書類(省略が可能な条件に関して
 も)、無線設備の特性に関する許容範囲等々に関して熟知する必要がある。
後述の検査結果通知書には「検査年月日」の記載欄があるがこの日付は「判定を
行った日」を記載することになっている。
尚、判定員は点検員を兼ねることが可能である。(上位資格)

「検査」をおこなった検査事業者は「検査結果証明書」を免許人に発行する。
この証明書を受領した免許人は総務省に対して「無線設備等の検査実施報告書」
を提出する。この書類の内容に「否」が1項目もなく、尚且つ工事設計が合致
している、ことが確認されると、免許人に対し「無線局検査省略通知書」が発行され
定期検査が省略される。※電波法施行規則39条2項


このように、無線局の検査制度は民間事業者への「委託」から権限の移行まで
行われており、当然それにともなって、民間事業者の社会的責任も大きなものに
なってきている。点検のみに関しても同じことが言えるが、この制度の根幹に
あるのは民間事業者のモラル、コンプライアンス意識であって、これを踏み
にじれば、一昔前取り沙汰された「確認申請制度」の二の舞を招きかねないことは
プロである事業者、判定員、点検員一人一人が強く意識すべきである。
また、行政は事業者に対しての監視や、啓蒙を怠ってはならないのであって
「民間にお任せ」という安易な考えは危険であり、積極的に「現場」を理解する
ことが重要になってくることは、自明であると言える。
posted by 空条錠太郎 at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

2月の1日から2日にかけて1泊で旅行というか骨休めに
行ってきた。
毎年の恒例温泉宿に一泊し、かつてから行きたかった神社に
参拝した記録である。
なお、読んでも面白くないかも知れませぬ。
(身も蓋もないけど、他人の旅に興味ないでしょ)

2月1日
前日(1/31)夜、仕事終りに空港近くに移動。前泊する。
そうしないと時間的に厳しい可能性があった。
1日朝空港に向けて出発。
空港までは電車(第三セクター?)
これが信じられない高額運賃。わずか6駅程度の区間で時間も
20分程度なのに、600円くらいする。
羽田のモノレールのほうが、利便性もよく、距離も長いと思うが
金額的には安かったと思う。

大分までは乗継が必要。
乗継時間含めると空港〜空港で4時間くらいかな。
羽田から行っていた時に比べると、やはり遠い。乗り継ぎが
うまくいくと(帰りは乗継30分だった)もう少し早い。

大分からは、高速バスで温泉街まで1時間くらい。
宿には最寄駅からタクシーで1000円くらいだが、送迎してくれると
最高なんだが・・・それだけが毎回悔やまれる。それ以外は
後述するが最高。

宿は、離れ(1軒屋)が8軒くらい(増えた)で1軒に一組
基本的には2部屋で内風呂付き。
今回泊まった部屋(棟が正解なのかもしれんが、便宜的に部屋とします)
は2階建てで1階が居間+風呂(トイレ)で2階が寝室(トイレ)
という間取り。
DSC_1458.JPG
DSC_1445.JPG
以前(3回目)泊まった部屋も、今回と同じ間取りと平屋で1階に
居間と寝室、風呂という部屋に1泊づつしている。
広さはどこも同じ程度だと思うが、趣向は全室違っていて、和室
モダン和室、韓国風の内装など、お風呂も岩風呂やヒノキ風呂等
色々な趣向が施されている。

内風呂のほかに共同外風呂(貸切)が2つある。
室内と露天の2つが、それぞれ備え付けられている。
私は片方にしか入ったことがないのですが、入ったほうはかなり広い
(浴槽は石風呂で多分5人は一度に入れるくらい)


特筆すべきは食事である。
【夕食】
創作和食という分野らしいが、地の食材を使った基本的な和食
にジャンルにとらわれない創作っぷりが最高。
私の中のランキングは
1位 豊後牛の西京焼き(豊後牛は必ず出るが、前回は溶岩焼き)
2位 地鳥団子鍋(毎回必ずでる定番)
3位 前菜の 白魚湯葉揚げ(塩味が絶妙)
4位 前菜の 蟹茶巾
DSC_1461.JPG
5位 蕪の雲子グラタン

料理の細かい解説は私には無理だが、最高にうまかった。
定番は必ず出るが、毎回斬新な料理ばかりで素晴らしいと思う。
また、色々なサービスも毎回サプライズ的に提供してくれる。
今回は夜食を無料でサービス!!

食事は個室。(前回は宿側の都合でたまたま部屋だしになった
追加料金で部屋だしの予約も可能だったと思う)
個室はまた、雰囲気がいいので、食事は個室がおすすめです。

【朝食】
ボリュームもそうだが、あっさり、前日の食べすぎも気に
ならないような考えがされている。
今回は
・鮭塩焼き(ケイジかもしれない。すごいうまかった)
・卵焼き
・サラダ
・温豆腐
・佃煮、つけもの
・団子汁(大分名物。ほうとうに近いとおもう)
・ご飯(めしがうまい!!)
他にも数品あったと思うが、忘れました。
写真も撮り忘れた。
朝食も個室ですが、夕食とは違う部屋です。

設備としては他に、バー(BAR)があるらしい。
らしいというのは、行ったことがない。
行ってみたいけど、食事のときに酒飲みすぎて、これ以上
飲むと、寝てしまうという最悪の結果を招きかねない。
のと、おしゃれな空間が苦手ということ。
でも、毎回行ってみたいかもと思うのですが、勇気でない。

あと、談話室がある(新しくなった)
本やCD,DVDが置いてあり、好きに(無料で)借りれる。
談話室自体もいい雰囲気で、ソファーでゆっくり話ができる
なあ、と思う。コーヒー無料。


きりがないので、このくらいにしておきますが
接客も完璧に客のことを考えて、あまり突っ込んでこないというか
馴れ馴れしくしないという、ただ設備の端々に気を使っているのが
わかる。


・2日目
以前から行ってみたかった、宇佐神宮に初もうでに行ってきた。
宇佐までは電車で移動。
特急に乗ったのだが、いつも思う。
私は鉄道マニアじゃないので、気のせいかも知れないが、JR西日本
JR九州の特急ってすごくかっこいい。
室内もスタイリッシュだし、外観もかっこいいと思う。
DSC_1484.JPG

宇佐神宮は、全国八幡神社の総本山。
DSC_1486.JPG
伊勢神宮と同じ「上宮と外宮」に分かれる。(伊勢と違って同じ敷地内に
2宮ともある)
参拝はゆっくり参拝して1時間。
宝物館(300円)を観覧して1時間30分くらいだった。
参道に土産物屋が並んでいて、お土産を買いながら、昼食をとる暇が
無かったので、買い食いで「ネギ焼き」を買って食べたがおいしかった。
ネギ屋が始めたネギ焼き専門店と言っていたが、ネギが甘くておいしかった。

このあとは、ひたすら帰り。
タクシー〜電車〜バス〜飛行機〜乗継〜飛行機〜電車〜バス〜タクシー
帰りの飛行機、乗継時間30分で伊丹空港での乗り継ぎに挑んだ。
大分空港からの飛行機はプロペラ機だった。(仕事でよく乗った)
乗員的にどおしても優先度が低いのか、飛行機はターミナル直結ではなく
バスでの移動になったので、ちょっと時間がかかって焦った。
2日で4回飛行機に乗るのもいいもんだ。ドリンクも4回飲んだし
非常時手順の実演も最後は、俺でもできそうだった。


移動は昔より大変になったけど、行けないことはない。
宿でくつろぐのが目的なので、毎回ほとんど観光はしていない。
今回はせっかく金かけて行くので、以前から行きたかった宇佐神宮に
行ったが、あの宿に2泊できたら最高だなと思う。
時間、金二つがそろわなければできないと思う。予約も休日は完璧に
空いていないので(楽天とか予約可能期限内は全て満室)平日で2泊
前泊で3泊。
とりあえず、1泊でいいので毎年、このイベントを生きる糧にして
行きたいと思う。


最後に見づらいけど 『USA』 なぜ?ローマ字 なぜ?山頂に地名
DSC_1489-1.jpg
posted by 空条錠太郎 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。