2012年09月10日

あいまい

アンテナや電波伝搬に関して、色々勉強したけど
最近は自分の実務に関係ないことはどんどん忘れて
いるなぁと思っていて、少し勉強しなおそうかと
思ったりしている。
どんな項目が、あったかなあとほしい本の目次を読む
(ネットで)

・実効長
 なんだっけな・・・
 なんか実際の長さと電波での長さは違うってことは覚えてるんだけど
 なんで違うんだっけ?
 覚えているのは、実効長にそこに発生している電界強度をかけると
 アンテナに誘起する電圧がわかるってこと(無線器に入力する電圧は
 半分ね。インピーダンス整合してる場合)
 うーん、実務で必要なことは問題ないな

・損失のある線路
 いや〜。基本的には損失のない線路なんだよね。あつかってるのは。
 √C/L
 これが無損失線路の特性インピーダンスなのよ。
 実際には損失のある線路が現実世界では支配的なので、上記式に
 抵抗分が加算されるんだと思った。
 でも詳しいことはわからない、忘れた。でも現実扱う特性インピーダンスは
 50か75という無損失数値に調整されているから、必要はないんだよね

・給電線の整合
 インピーダンスが違う線路をつなぐ場合、そのまま繋ぐと反射が発生して
 VSWRが劣化するので、整合器をかまします。
 現実には整合器は変換コネクターのようになっているから何も考えなくても
 つなげりゃいいんだよって感じですが。いろいろ種類があるんだよな・・・
 平衡の場合や、不平衡の場合で色々パターンがあったと思った。
 具体的にはおぼえてない

・同は管
 必ず、こう変換される。
 同は管って、なに?
 同じ管ってこと・・・?
 勉強しろや、くそIMEがっ

 話を戻して、同は管とは、給電線と違う。
 ・給電線=+と−に分かれた線を電波がとおります。電線です。
 ・同は管=空洞の中を電波が伝搬します

 同は管には、菅の中の空洞を電波が波になって伝搬していきます
 だから損失が給電線に比べて少ない、という性質があります。
 でも細かい決まり忘れた。
 なんか色々式があったような。モードとかあったような。
 分岐器とか色々あったなあ。


他にもまだまだある。
こんなにあるもんかね、電波伝搬も含めるとすごいな。
電波の伝搬なんて、伝搬の方法だけで何通りあったか・・・・。


やっぱり、本買うか。古ほんでね
posted by 空条錠太郎 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。