2009年04月23日

空中線電力と実効輻射電力

無線局を運用するのには免許が必要(ここでいう
免許は無線機等に与えられる免許、人に与えられ
る無線従事者免許とは別)

この免許が与えられると無線局免許状という公文書
が交付され、免許人はこの免許状に記載される
条件に従って無線局を運用する必要がある。


この条件はいくつかあるが、今回取り上げるのは
・空中線電力
・実効輻射電力
である。


・空中線電力
空中線電力は無線機から放たれるパワーである。
電力なので単位はW、この数値が大きいほど遠くまで
届くことができる。
この空中線電力は指定の仕方に二通りの指定方法があり
一つは「指定された電力を上限として、できるだけ小さい
電力で運用する」
もう一つは「指定された電力で運用する」

前者の指定方法がほとんどの無線局に適用され
後者は放送局等の少数の無線局に適用されれる。

・実効輻射電力
同じ電力でもこちらは実際の電力である。
実際ということは前述の空中線電力は実際ではないという
ことなのであろうか?
無線機には必ずアンテナが付いている。
このアンテナから電波が空間に発射されるのであるが
アンテナから発射される電力は前述の空中線電力ではない
空中線電力はあくまで無線機の出力電力である。
アンテナには利得というものがあり、電力を増幅させる
作用がある。
そしてアンテナに至るまでには無線機とアンテナをつなぐ
ケーブル等があり、これが損失となる。

実効輻射電力は
(空中線電力/ケーブル等損失)×利得
となる。

このブログで利得の説明はたぶんしているので
詳しくはそちらを参照してほしいが、アンテナには指向性
というものがあり、方向によって利得の大きさが違う
このためこの計算に使用する利得は最大指向性を得る
方向の分配比率を使用する。
つまり
あるアンテナの利得が6dBで指向性が60度と120度で
最大利得を得る場合(つまり2つの指向方向がある)で
分配比が2:1の場合大きいほうの60度方向の利得は
6dB−1.8dB(0.66倍)で4.2dB(2.6倍)
となる。そして60度方向の利得が指向性最大になる。

そしてもしケーブルの損失が1dB(0.79倍)で
無線局の空中線電力が10Wなら実効輻射電力は
10W×0.79×2.6=20.54Wとなる

60度方向では20.54Wが実際空間に発射され、
距離に反比例して減衰し、受信側のアンテナの利得でまた増幅され
受信器で受信するという過程をたどる。


なんか、計算違うかも?

間違ってたらすみません。
posted by 空条錠太郎 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

う〜ん、ど〜でしょ〜?(N島3風)

春も麗らかな今日この頃
季節の変わり目は、なんだか疲れがでやすい。
特に春はしんどい

ちょっと時間ができると、ろくなことがない
そんな春うららかに想う。



人は皆弱い
弱いゆえに強くなりたいと思う。
抗う、探し続ける、さまよい続ける


でも
迷いは、無駄ではない。
それは、生きること。
力の限り生きること。
もちろん出口はあるし、それを目指すのは重要


迷うこと、悩むことから逃げちゃいけない。
迷っていけ、悩んでいけ
疲れてもいい、焦っていい


ぶつかっていけ
何度でも、立ち直れ

苦しくたって、生きている
苦しくたって、笑うことができる
苦しくたって、立ち上がれる
苦しくたって、他人に愛を与えられる



その全てが生きること。
posted by 空条錠太郎 at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

あなたは観光庁を知っているか?

しらね〜


観光庁なんて日本にはないでしょ?
あんた学校でちゃんと公民の授業聞いてた?


聞いてませんですけど!?


時代が変われば中央官庁も変わるってこと。


しかし、だせ〜ネーミング
あんた、観光庁って、ぷっ


もう少し、なんとかならなかったの?
政所とか、京都所司代とか
関東取締執役とかさ

ねぇ、暴れ八州好き❤

国土交通省設置法
第四十二条  観光庁の長は、観光庁長官とする。

観光庁は国土交通省の外局です。
外局の長は長官という役職で
一般職の国家公務員です。
一般に指定職のキャリアが就任します。
このポストを1〜2年やって本省に戻って官房長あたり
か審議官(次官級)をやってうまくいけば事務次官やって

あまくだり〜
あまくっだって候

俺のバ〜ん、ひっとえんど・・・




第四十三条  観光庁は、観光立国の実現に向けて、魅力ある
観光地の形成、国際観光の振興その他の観光に関する事務を行う
ことを任務とする。


立派な任務だなぁ
ほとんどの人が昇進と恩給と定年まで安定した生活のこと
しか頭にないからきっと観光について立派に魅力ある観光地
に箱ものを作りまくってくれますよ〜



この任務なら東国原でいいだろ、長官。



<フィクションです>
posted by 空条錠太郎 at 01:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

はるはらと詠う

ひさびさ〜〜!!!!

マジ超久なんで、ウケルですけど〜〜


忙しすぎてというわけでもないんですが
なんか書く気が起きないという
まあいつもの言い訳です。


春ですね。

朝少し寒いから、ダウンジャケット着ていくと
みんなパーカー羽織ってるだけなんですが
まだ朝寒いんですけど・・・ってダウンジャケット
はいくらなんでもないか、うん。



しつこいですが、いきものがかりはいいバンドです。
まず、そのポップな、あくまでポップな曲調。
もちろん大魔道士をほめているわけではありません。
泣き笑い切なポップを自称するだけのことはあります
メロディーラインとその構成にまさにポップの王道を
見ることができます、切ないのにポップに歌う
どの曲も正ににそのとうりであり、ああ、ポップとは
このような曲のことを言うんだなあ・・・と
思うのです。

思うのですよ。


そして詩。

男が書く女性の切なさですか・・・・
可能なんですか?

無理でしょ。普通?


単なるひらめきや想像で出来るもんではないと
思うんですが、どうやってるんでしょう?
不思議です??
これがまた、あんた、井石、居石、委医師


むき〜〜〜〜!!

いい詩、だっつってんだろ〜が
たこ!!!!
一発で返還しろ・・・・・・




おい

一発で返還って、あんたね・・
香港とか?



すみません。
はなしがそれました。


えっと、なんでしたっけ?


え〜と
ボーカルのキヨエさんはすごいですね。
なんすかね?
まさにはらはらと歌うんですよ
でもテクニックもある。
ただ声量があるだけじゃない
彼女は確か学校で歌を勉強していたと
思ったので、まあテクもいろいろ習得
してるうんでしょうけど、ねえ
まさにこの詩この曲にピタリとはまる
歌い方

きれいな声じゃないけど
空間を隅々まで洗い流しながら進む
清流のような、そんな感じがするんです。


それにしてもやっぱり歌は女性のほうが
いいですね
昔からの持論ですが、やっぱり歌は女性のほうが
上手いですな
いや、色々批判は聞こえてきそうですが
俺はそう思うんですよ
posted by 空条錠太郎 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。